2018/07/11

キング・オブ・コメディ

残念ながら解散してしまった
お笑いのキング・オブ・コメディも好きですが
今回はそのコンビ名の元にもなった映画の方
マーティン・スコセッシ監督
ロバート・デ・ニーロ主演
『キング・オブ・コメディ』(1982年・アメリカ)





言わずと知れた
『タクシードライバー』のコンビの作品

一夜にして有名になることに執念を燃やす
30代半ばのコメディアンの男が巻き起こす騒動を描いた物語
コメディアンを題材にしてはいるが
コメディ映画かというとまた違うような気もする
むしろ『タクシードライバー』と同じ狂気をはらんでいる作品とも言える

そしてやはり
(デ・ニーロが役作りのために実際のステージを数か月鑑賞して会得したという)
アメリカのスタンダップコメディ(要は日本で言う漫才・漫談かな?)の
間やタイミングがどうにも日本人には笑えないので困ってしまう(笑)
あの「さあ、面白いこと言いましたよ、笑ってください!」みたいな間
が逆に笑えない、という(笑)

映画の中での漫談のシーンが素直に笑える外人さんだと
またこの映画の印象もさらに良くなるのかも知れぬ

や、でも映画として面白かった


そして、驚いたのが!!

ぼーっとエンドロールを見ていたら
ミック・ジョーンズ(私の大好きなザ・クラッシュのギタリスト)の名前が目に飛び込んできた!




「まあ、よくありそうな名前だから同姓同名だろ」
と思ったら、その下にジョーストラマーの名が!!(笑)

ポール・シムノン(SIMMION?シミオン?名前間違ってる、、、SIMONONなのに、、)
コズモ・ヴァイナル
エレン・フォーリー(たしかこの頃のミックのガールフレンドで歌手)
パールハーバー(ポールの彼女というか嫁さん・のち離婚)
ドン・レッツ

っていつものザ・クラッシュ御一行様じゃないか(笑)
トッパーはいないけど


えっ?どゆこと?
サントラ?

かと思ったら
「Street Scum」(街の群衆)
と書いてあるじゃない


何ー!
気付かなかった!
どこじゃー!?

と言うことで
巻き戻してみたら
いました(笑)

分数で言うと32分のあたり

1980年代初めのニューヨークが舞台で
ザ・クラッシュのプロモでよく見慣れた風景だったから
なんか近いものを感じるなーと思ってたけど
まさか出てたとは


(別のカット)

エンドロールで気付く前に
やたらロックンロールな兄ちゃんが映ってるなと思ったら
それがたぶんコズモ・ヴァイナルだった
コズモはザ・クラッシュの取り巻きで、
シェイ・スタジアムのライブなどでかっちょいい前説(呼び込み?)を務めた男

ミックはなんかジュースの瓶が似合うぜ(笑)

こちらの手前右の「BONDS」って場所("BON"とだけ映ってるのがたぶんそう)は
ザ・クラッシュが1981年に渡米して17日間ライブを行ったホールで
もしかしたらこの時だったのかもしれない
たまたま映画撮影に出くわしてって具合に


いやあ
映画本編とは関係ないところで
一人盛り上がってしまいました(笑)


~・~・~

俺たちもこの主人公のルパート・パプキンみたいに
強硬手段に出た方がいいのかしら?(笑)

2018/07/10

サムピック


この動画のジョニー・マーのプレイを見て
ミーハーな私は思わず楽器屋で
サムピックを買い求めてしまったのでした


動画に取り上げられているのは、
イギリスのフォーク・ミュージシャン、バート・ヤンシュ
ことあるごとにジョニーはバート・ヤンシュへのリスペクトを
熱く語るけど、私はやっぱりジョニーの方が好きである(笑)
エレキだからか?(笑)


や、アコースティックだと、ロバート・ジョンソンとかもそうだけど
1人で演奏してるのに2~3人で演奏してるように聴こえる
っていう凄腕テクニックも憧れるところではあるけどもね

2018/07/09

『ジョニー・マー自伝 ザ・スミスとギターと僕の音楽』

ええ、そりゃあ早速買いましたとも(笑)

『ジョニー・マー自伝 ザ・スミスとギターと僕の音楽』
ジョニー・マー著 / 丸山京子訳 / シンコーミュージック・エンタテイメント刊


やあ~面白過ぎて
昨夜届いて一気に半分くらい読んでしまった

ジョニーの音楽に対する情熱と
なりたいものになってやるという強い意志に
やっぱこうでなくちゃ!と思った
自分のすることへの疑いなど微塵もないし
これぞと思ったら衝き進むだけ

モリッシーとの出会いのシーンは何度も聞いた話だったが
やはり2人の関係は高い次元で意思疎通の図られた
非常にプロフェッショナルな関係だったようだ
完璧なソングライティング・チーム

あとやはり出会いに恵まれていたことだな
初期のマネージャーを引き受けてくれて
リハーサル場所などの環境を与えてくれた
ジョー・モスという人の存在(この人は今回初めて知ったな)
ザ・ビートルズといいピストルズといいザ・クラッシュといい
やはりマネージャーの存在はデカい
(GOUPILにもそういう存在が必要なことはもちろんわかっちゃいるんだけど...
 欲してはいるのだが... どこかにいい人はいませんか~?笑)
そして『トップ・オブ・ザ・ポップス』のようなTVの影響力



【新しくわかった点】

・ショップ店員なオシャレさんであったこと
・同い年のアンディ・ルークはザ・スミスに入る前にすでにヘロイン使用者だったこと
・ジョニーも普通にマリファナ使用者だったこと 時にはコカインも


【改めてわかった点】

・ザ・スミスは完璧に最高であったこと!!



うーん、ちょっとフジロックでジョニマ見たくなってしまった(笑)
さあ、残りも読むぞー

2018/07/07

シーサーたち

ちゃんと家から持ってきたんだ
シーサーの置き物

これで夏も大丈夫さ

2018/07/06

マーカッド マルゲリータ

ピッツァです ピッツァ!

と言っても俺が石窯で焼いているわけではない!

OKで売っている
伊藤ハムのピザ・シリーズ
(ってまた自作じゃないのかよ笑)

うまくてデカくてしかも安い!ときている
下手すると200円切ってたような

トースターで温めれば生地もパリっとするし
昼飯とかならこれで十分

このシリーズ
マルゲリータ以外にも2~3種類あった
チーズだけな感じのヤツとか


ただ単に "マーカッド マルゲリータ" って言いたかっただけ(笑)
伊藤ハムにグラッツェ!

2018/07/05

FUGAZI 『INSTRUMENT』

FUGAZI 『INSTRUMENT』

ジェム・コーエン監督
1999年アメリカ

平野くんから借りて見る
この熱量にもはやあれこれ言うのは野暮ってもんよ


フガジ
ワシントンD.C.を拠点に
1980年代後半~2000年代初頭にかけて活動したバンド
1987年から12年間にわたる
バンドの軌跡を追ったドキュメント・フィルム


音楽業界からまったくインディペンデントで
自分でレーベルやったりライブやったり と
様々なD.I.Y.の手法に目が行きがちだけど
結局どれもこれも"凄まじい音楽"があってのことなんだろう
そうした行動へと衝き動かすだけの
自分たちの音楽への絶大なる自信があったのだ

これ結局のところ音楽がショボかったら
D.I.Y.で成し遂げても面白くも何ともないもんね
ただ「自分たちで頑張ってるのね」ってだけで


そんなフガジの
"音楽の強さ"を刻んだ映画に見えた


最後に流れた字幕の言葉
誰の言葉かわからないが
(たぶんギターのギー・ピチョットの声かな?
それにしてもギー・ピチョットはどこ系の人なんだろう?
そもそも本名なのか?芸名なのか?)


「俺は―

 演奏している時が
 一番自由になれるんだ

 解放感に満たされる

 それまでの人生では―

 味わえなかった
 究極の感覚だ

 最高に気に入っている

 やみつきだ
 止められないよ」


この言葉がすべてだ
本当にまったく俺も同感
ライブなんてこれがすべてだ


その瞬間 どんな主義主張もなくなり
もしかしたら聴いてるお客さんと一体になることすら
もはや関係ないのかもしれない
ただそれは自己満足や自己陶酔とも現実逃避とも違うんだ
自分すら音の中に"なくなっていく"感覚というか

これはライブで演奏しながら
そうした"ゾーン"を体験した人ならわかるだろう

文字通り「自由」や「解放」といった部類の感覚


ジミヘンの頃から凄い音楽っていうのはみんなそういうもんなんだと思う
いやもっと言えば 原始の時代から続く 部族や宗教で鳴らされる音楽
音楽を奏でることで得られる「トランス状態」とか「神懸かり」の状態に
もしかしたら近いんじゃないかな


ってなんかKATKOTOKOみたいになってきた(笑)


それにしてもライブで常に80曲は
いつでも演奏できるように準備されているのはすげえな
セットリストはなく、曲順はその場で決めるらしいから
失敗すると大惨事になると言っていたが(笑)
常にライブやりまくってると出来るのかもしれないが
見習わねばならないのであります



平ちゃん
貸してくれてサンキュー!

そんな相方平野くんは
俺がこの映画を見ている時
Public Image Limitedのライブを見に行っているはず
どうだったのでしょうか? ―

2018/07/04

SCRAP SONG BOOK

「SCRAP SONG BOOK」

ジョニマ最新作を聴きながら
印刷したものを切った貼ったで作成した1冊

もうずっと前から
歌の練習というか喉を鍛えるというか
歌ってきたお気に入りの曲たちをまとめたもの

厳選14曲
ただ単に大好きな曲たちなんだけど(笑)
でも大好きってだけじゃなく
高音がきつい曲だったり
シャウト気味に歪んだ声の曲だったり
歌って楽しく しかもためになるというヤツ
これらが歌えれば喉のコンディションがわかるというか


前の家で
車で歌う時なんかは
紙っぺら1枚ずつで見ながら歌ってたんだけど
なんか本状にしたくて(笑)

文房具好きの私としては
色々クリアファイルも探してみたんだけれど
めくって見やすいリング状のものにしたくて
結局スクラップブックに貼ることにしたわけ

文字も見やすいように
デカめのA4サイズの無印良品のスクラップブックなのだ


もちろん自己満足の
誰に披露することなく歌う歌たちなわけだけれども
歌うことは体にもいいしね(笑)


どんな曲が入ってるかは内緒(笑)


、、、

にしようかと思ったけどこんな感じ(笑)

ボブ・マーリーやジョー・ストラマー&ザ・メスカレロスや
ロッド・スチュアートやロジャー・ダルトリーやジョージ・ハリスンに
ジーン・ピットニーやエディ・コクランや古いロックンロールやスタンダードナンバー
そしてザ・ブームも(笑)

2018/07/03

スタジオ帰りに気が付いた
白楽駅の改札のツバメたち

ツバメが来るってことは
きっとなかなかいい環境なんだな



2018/07/02

一軒め

昨夜

登戸を代表するロックバンド、ハウシンカならびに
現在はヒップホップユニット、ドドメSSでも
ご活躍されている永田理洋さんと高級料亭で会食

現代世界に蔓延する差別の根源とその対処方法
そして保護主義と新自由主義の行く末について
貴重なご意見をうかがわせていただきました

、、、

ウソウソ
そんな話なんにもしてねえや!
場所も横浜の激安の"一軒め酒場"だし

なんかまたパンクの話してたな~
この人、子供と観に行ったドラえもんの映画で泣いたっつってたぜ(笑)

永田先生、お誘いありがとうございましたー!


(写真は 「IQは?」と聞かれて「2です!」と即答するサイコビリーカット永田氏)

2018/07/01

IKIRO ZINE Vol.3 - 2018 夏号

こじまてつよし 著

『IKIRO SPILIT'S JOURNEY Vol.3』

2018 夏号

完成っ!



予告通り
3ヶ月に1回の季刊
無事いけそうです!(笑)

Vol.1とVol.2は既出の絵ばかりだったけど
今回からは未知の絵たちが載ってます

いやぁ
またしても素晴らしい出来だなー!
ギリギリまで色味の調整頑張った甲斐があった
特にシアン(ブルー)が手ごわかった

でもその努力の甲斐あって
夏らしい爽やかな1冊に仕上がりました


マーカッドストア(ちょっと中身見れます)とGOUPILライブ会場で販売いたします
是非お見知りおきを~



次回Vol.4は
10月1日発行予定

表紙は何にしようかな~(笑)

2018/06/29

カルガモの親子

夕暮れの池

カルガモの親子であろうか
おチビが2羽


か、かわいか~!

ちょこまかと泳いどる~!


よくニュースで見るのはもっと子だくさんな気がするが
もしかして自然の厳しさにもう残2羽となってしまったのであろうか
自然はよーしゃなくきびしかー


という帰り道

2018/06/27

"TSUKINUKERO" Arrival!!


今年も完成しました~!
15作目のマーカッド社特製Tシャツ


今回は
バニラホワイトの生地に
ネイビーブルーのインク(画面だと黒に見えるかもだけど黒じゃないのです)で刷りました

ポップで軽やかな1枚に仕上がっております!

取扱いサイズはS、M、L
価格は2000円也

本日よりマーカッドストアにて販売開始~!

また、それに合わせて旧Tシャツたちを
マーカッド初夏のクリアランスセールといたしまして
一律1000円に値下げします!
欲しかったTシャツ、買いそびれたTシャツ
この機会に是非合わせてお求めくださいませ~

旧Tシャツたち
ほんの一部(笑)

暑そうなこの夏着る用に是非ど~ぞ
そこらで安物のTシャツ買うよりも良い品質だぜ!

いずれのTシャツも在庫限りとなります
サイズによってはすでに在庫切れのものもあるのでご容赦くださいネ





さりげなくラベルも新しくしてみた(笑)
ラベルシールの白さと比べると
バニラホワイトの色味具合も際立つ
真っ白じゃないのがおわかりいただけるかと~!


~~おまけ~~

試し刷りで何気なく刷った時のもの
足だけのデザイン
これはこれでいいですね~(笑)
これでなんか作りたくなっちゃうな



あ、NEW Tシャツ、
7月はライブがないので
ライブでの販売開始は
8月17日のBUSHBASHからになります!

1000円の旧Tシャツ
種類が多すぎるのでさすがにライブに持ってけないけど
事前に連絡くれれば持ってきます!

よろしく頼むぜ!

2018/06/24

『水木しげる漫画大全集』完結

数日前に届いた、最後の特典本『別巻5』

これをもって
約5年に渡り刊行された
本シリーズ堂々完結


『水木しげる漫画大全集』
第1~3期の全103巻
補巻が全5冊
そして特典の別巻が全5冊


この一大事業を成し遂げた
監修の京極夏彦氏、並びに編纂に携わった方々には
心より盛大な拍手を送りたい

これで水木しげる作品も後世にあざやかに残っていくことでしょう
本当にお疲れ様でございました

あとはのんび~り味わいながら全巻読むだけ(笑)

2018/06/23

矯正視力0.9

事実見えるようになってきたわけで
裸眼生活も夢ではないかもしれない


その他のデータ(笑)

今回の健康診断では
採血の注射をガン見してみた
注射器で吸ってたのかと思いきや
針を刺したらピュルルルと流れてきて容器に溜まっていった
うまくやるもんだなあと感心した次第


創作活動は健康第一ですから!


P.S. 視力検査は装置に顔をつけて覗くタイプだったけど
1.2の次の1.4まで行くと、"C"の穴が見えないっていうか
"C"そのものがなかった(笑)

2018/06/17

Johnny Marr 『Call The Comet』

おっしゃ届いたー!

ジョニー・マー『Call The Comet』


「彗星を呼べ」


なんてかっこいいんだ。

前作の名盤『PLAYLAND』に次ぐ
純粋なソロ作としては3枚目。


そして
ジャケットにはデカデカと
"JOHNNY MARR"のステッカーが!

「あれ?このデザイン、アーティスト名が入ってないじゃない!」
「あ、、、。や、これがカッコいいんですよ!」
「でも、そこまで誰でも知ってる顔じゃないでしょう?」
「あ、、、そういやそうかもしれません」
「よし!苦肉の策だ!シール貼っとけ!貼ったら出荷だー!」

という会話がレコード会社の制作部で交わされたに違いない(笑)
俺はジャケットデザインしたことがあるから手に取るようにわかるんだ(笑)


ま、それはよしとして
じっくり聴かせてもらいましょう!

2018/06/13

感光 2018 初夏

おっといけねえ!
もうTシャツの季節だ!

てなわけで
私の初夏の風物詩
シルクスクリーンの感光でござい。


今年も素敵なTシャツが誕生します。

2018/06/11

AVATAR

2009年公開 アメリカ映画
『アバター』(ジェームズ・キャメロン監督)

今さらながら。
ほえ~。
こんな映画だったんだな。
(ガキ使の"山ちゃんやめへんで"でやってたので見たくらいだ)
アバターってそういうことなのか。結構SFね。

というか、
なんかずっとRPGのオープニングムービーを見ているような気分。(笑)
しかも、思いっきりストーリーが読めてしまう系ですな。
ラストのバトルも全然ハラハラドキドキしなかったのはCGだからだろう。
やっぱり映画館で3Dで見るべき作品なんだろうな。
現在のところの世界興行収入第一位らしい。

見終わって気付いたけど
あの博士役の人はシガニー・ウィーバーだったのか。
年取ってたから全然気付かんかった。
さすが『エイリアン2』の監督。



体を青くしてはいるけど、髪型といいファッションといい
完全にマサイ族あたりの人たちをヒントにしてるでしょ?(笑)
向こうの部族の人たち見たらちょっとムッとするんじゃないの?
"これ俺たちだろ!俺たちは異星人じゃないっての!" って。(笑)

それにしてもアバターやアヴィの人たちが
千原ジュニアに見えてしょうがなかった。

総合的に見てまあまあでした。や、面白いけどね。
CGなんかもはやひとつの惑星をデザインしてるようなもので、その苦労たるや。
でも興行収入一位だからって面白すぎるってことはないことがわかりました。

あ、それから長い。(笑)
また160分超えだ。

続編の構想あるらしいな。
『アバター5』まで。
やめといた方がいい気がするな。(笑)

2018/06/09

マーカッド ペヤング


ってそれ、ただのペヤングじゃねえかーっ!


ライブから帰って深夜2時前に食うカップ麺のうまいこと
愛情込めて湯切りしましたから

でも食ってすぐ寝るから健康にはよくありません
たまには、、、ね(笑)

2018/06/08

Flyer

"MADAGASCAR"


(ノート絵)

2018/06/07

LIVE 5 -2018



2018/6/7 (木)

Live at 小岩BUSHBASH

"SPIT"


【SET LIST】

1. 新型の戦争
2. 垂直(新)
3. ネジ
4. 創造(新)
5. SOS
6. 新曲
7. マーカッド・シティ・ロッカーズ(arranged)

マンホール、DEEPCOUNT、三上寛さん  らと。
まさにそれぞれがそれぞれの音を出していた夜でした。
楽しんでいただけたのなららワレウレシ。


しかし三上寛さんは何度見ても独自過ぎるな。
三上寛さん以外の何ものでもない。

「夢は夜ひらく」の
間に挟んだあしたのジョーのくだりも印象に残った。
それにしても
丸坊主のイメージしかなかったので
急に髪があってびっくりしたのは俺だけではあるまい。
最初誰だかわからなかった。(笑)



GOUPIL ANDC

今のところ決まっている次のLIVEは、8月17日(金)
詳細は追ってHPなどで発表します。
お見逃しなく。



最新の情報は
GOUPIL WEB でチェック願います。

全音源は bandcamp で聴けるのでそちらも是非!

よし!レコーディングじゃ!