2014/12/31

DAEN logo

Konna logo mo waruku nai.

2014/12/30

IXY 410F

いつもライブ映像を撮ったり景色や絵を撮ったりと
我が作品作りを色々サポートしてくれる頼れるデジカメ
CANON IXY 410F
こないだ録音風景を撮ろうとして、スタジオで誤って床に落とした時から
シャッターカバーが半開きになってちゃんと閉まらなくなっちまった。(笑)
ちょっとかっこ悪くなっちゃったけど来年も頼りにしてるんでどうぞひとつよろしく。

2014/12/29

ハウッ

大掃除してたら出てきた!
知る人ぞ知る(知らない人は全然知らない!)
レア中のレアなファンジン

『はう新聞』!!

すげぇなぁ
結構良い紙使ってやがる(笑)
平成18年か
もうそんなに経つかあ



ジュラブルトキシックハッピーだな!

2014/12/28

TASCAM DR-05


ニューマシンを買ってしまった。
なぜならいつもスタジオ練習を録音していた
MDウォークマンの内の1台がもはや限界を迎えてしまったからだ。

そこで購入したるは、かの日本が誇る名録音機器メーカー ティアック社の
ICレコーダー「TASCAM DR-05」であーる。
TASCAMと言えば、拙者がカセットテープクラブなどを録音しておる
カセットMTRと同じブランドであり、吾まさにリスペクトするメーカーならんや。

お値段もICレコーダーにしては破格の
Amazonにて11363円であった。

無心のセッションが命のGOUPILには録音機材が欠かせない。
いつ何時素敵な瞬間が訪れるかはふたりともわからないから。
これでより円滑なスタジオライフを送ることができ
より楽曲製作が可能になり、延いてはあなたの元に音源として届くであろう!

たぶん!


ちなみに液晶はバックライトで光る。
果たして使い心地はいかがであろうか?

2014/12/27

THE HOBBIT: THE BATTLE OF THE FIVE ARMIES

年の瀬にレイトショーを。

さすがに人気も少なく21:30からの回。
大部屋のど真ん中の席で見る。客も7~8人。こりゃいいや!
と、思ってたらまたオープニング直前になって俺の3~4席隣にカップルが入ってきがった。
なんか俺に恨みでもあんのか。(笑) 時間前に座っとけ。しかも始まるなり小さくポテチ食う音。
そしてしばらくしてからひとりずつドタドタトイレ。時間前に行っとけ。
男は歩くたびに腰のアクセサリーがチャラチャラ鳴ってます。
頼むから静かに映画を見させてくれ。
こっちは大冒険見んのに真剣なんだぞ。(CGだけど)
ほら今、竜とか火噴いちゃってすごいんだから!(CGだけど)

というのは半分冗談でして
無事3部作完結。
あ~面白かった。

『ホビット 決戦のゆくえ』
J・R・R・トールキン原作
@みなとみらいイオンシネマ


今年の映画鑑賞もこれにて終了。
来年は何を見ようかな。

2014/12/25

eastern youth - ボトムオブザワールド

と、届いた!!
心構えをしていなかったからびっくりしてしまった。

eastern youthから届いた
最新作 『ボトムオブザワールド』 のサンプル盤

数日前に届いていたのだけれど、年末でなんだかせわしなくて
襟を正してきちんと通して聴きたいから、少し時間が経ってしまった。
イースタンの音楽は軽々しく"いいね"とかで済ましたくない。


そして
聴く。
一足先に聴く。
全曲通して聴く。


今回もやはり、心の深いところに届くアルバムだった。


イースタンはアルバムの枚数や3人のその演奏技術の高さから
円熟へ向かう方へ行っても全然おかしくないけれど
円熟とは無縁な気がするのは、そこにパンク魂がどっしりとあるからだろう。
なんだろう、ここに来てまた改めて音楽に対する若さを感じる。
ギターの楽しさが伝わってくる。



タワレコのディスプレイ風に書けば
オススメは①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩!
だな。


だってイースタン好きって
どのアルバムでもそうだよね?(笑)
もはやどの曲が好きとか嫌いとかの次元でない。


発売は来年2015年2月18日。
当然、発売日にまた店で買います。
皆さんも是非お楽しみに。

2014/12/24

ブリキの太鼓


相方のヒラノユーに
「『ブリキの太鼓』っちゅう映画が今やってて、シザーハンズより面白いで!
 今週いっぱいまでミニシアターのジャック&ベティでやってるんや。
 『地獄の黙示録』とカンヌのパルムドールをダブル受賞したんやで。 」
という話を聞いて
「『シザーハンズ』より面白いやて!?そりゃ見とかなあかんがな!」
と早起きして勇んで見に行ったら、、、

ま、まさかのイマイチ、、!!(笑) びっくりしたあ。
今年見た中で一番退屈だった。(笑)
しかも3時間近くの長編で、シネコンの座り心地の良い座席に慣れすぎたせいか
始まって数十分でケツが痛くなる始末。
挙句の果てに、オープニング始まってから入ってきて
自由席で周りも座席全然空いてるのに急に俺の真横に座りやがったババア。
しかも風邪引いてんだか息急ききってきたんだか鼻をすすり
せっかくのオープニングから集中を削がれて台無し。
ああいうのは本当にやめてほしいわい。時間前には座っとけ。


そして映画の方はというと、

『ブリキの太鼓』
フォルカー・シュレンドルフ監督 1979年作品
カンヌ映画祭 グランプリ パルム・ドール受賞
アカデミー賞 外国語映画賞受賞

久々(数年前に相方と見に行ったPHEWのライブ&上映会以来だな)
の伊勢佐木町のジャック&ベティにて。
朝10:00~12:45。 1200円。学校の講堂みたいで良い感じの映画館。

お客は平日午前で1979年の作品ということもあり高齢の
方々が2~30人といったところか。


もちろん予備知識ゼロで見に行った。
映画通も認めるであろう由緒正しい映画。

らしいが、、まず、長い。
そして、なんか本筋が曖昧なんだ。
どのエピソードをメインに見ればいいのやら。
すべてがラストに向かって絡まりあってカタルシスを迎えるのかと思ったらそうでもなし。
まず3歳の時、成長を自分で止められるってものも正直意味わからんし、(異能者でいいの?)
それはいいとしても肝心の超能力が何か見せ場で出てくるのかと思いきやそうでもなし。
ただの歴史の傍観者的ドキュメント風にはなっているけど
歴史ドキュメントとして見れるかというとそうでもないし。
戦争の悲惨さや不条理を描ききるわけでもなし。
ナチスのアホさが前面に出てくるでもなし、ポーランド人ら迫害側の体験が胸をうつってほどでもなし。
寓話的かというと俺にはそれを読み解く深い歴史的知識を持ち合わせていないし。
不思議に見える母一人と父二人との同居という三角関係にも焦点をあてるでもなし。
宗教的かと思うとそうでもなし。
ましてや頻出するエロシーンが物凄いってほどでもないし。
グロテスクさもほとんど感じなかったし。
そもそもこれ、主人公が小人のままって設定は絶対必要なのかな。


正直俺好みの映像美でグッとくるところはあまりなかったが
畑の映像とか海辺での空と雲の映像は良かったな。
あと主人公の子役の演技はかなりのもんだった。
小人のサーカス団の団長も良かったな。



たぶん俺もっとアホっぽいのが好きなんだな
それとも期待しすぎたのが良くなかったのか?(笑)
それか俺の嫌いなブンガクってやつだからかもしれん。
俺は文学がたぶん嫌いなんだ。
人の心の機微の丁寧な描写とかみみっちくて眠くなってくるぜ。
もっとパワフルに世界や考え方がひっくり返るようなのが好きなんだ、たぶん。

以上のことから、どうやら俺は映画通にはなれなさそうだ。(笑)

あと無修正がネットであふれる現代日本で
今さらモザイクもいらないだろ? 日本映画業界よ。がんばれ。



で、こんだけ長々書いといて
10年後に見たらすげぇ絶賛してたりして。(笑)
そしたら平ちゃんごめんなさい。


あ、あとチケット買うとき
クリスマスのキャンディくれたから
ジャック&ベティはいい映画館です。

2014/12/23

モ細工

mosaic

2014/12/22

Rupee

ルピー

2014/12/21

iP2700

プリンターがぶっ壊れたので買い換える。
色々見比べてたら、どえらい安いのがあった!

CANON PIXUS iP2700

Amazon3218円だった。
や、安い、、。安すぎる、、。送料も無料。

最近のプリンターの流行は前面給紙だとかで、
新品機種は背面給紙できるのがほとんどない。
背面給紙じゃないと、CDジャケットとかの厚紙が印刷できないのさ。

ただ盤面印刷ができないんだよなー。そこさえあれば完璧なのにな。
しかも中のインク2種を単品で買い換えると4~5000円するという、
もう何がなんだかようわからん価格設定。

でも安い!
我がD.I.Y.道にプリンターは欠かせないからね。

2014/12/19

Caffeine

Caffeine

2014/12/17

THE BOOM


THE BOOM. RESPECT. (敬称略)
Korekara mo zutto ore ha kikitsudukeru darou.
Takusan no ongaku wo hontou ni arigatou.


(ザ・ブーム FINAL 20141217  25 PEACETIME BOOM 日本武道館)

2014/12/16

Digital Harinezumi 4.0

トイカメラというのであろうか
最近ヤフオクで買った「デジタル・ハリネズミ 4.0
レトロな風合いで撮れる逸品
この間のライブで動画も録ったけれど
8mmフィルムとか16mmフィルムあたりの感触でいい感じなんだぜ
ただしあまり広角でないので近くワイドレンズを装着させる予定

実は2~3年前にも旧バージョンを買って
あまり使わず売っ払ってしまったが今回は色々使うであろう

そのうち動画作る時にお披露目できると思います、ハイ

2014/12/15

Creation

Creation

2014/12/14

茶番

これのどこに入れろってんだ。
皆さん、入れるところはあったかい?

(右の奥に見えるのが例のポップコーン屋さんでござ~い)

2014/12/13

大仏様

大仏様を買ってしまった。

と言っても、小さな文鎮だけれど。
有隣堂の文具コーナーで、1100円。
前に見つけた時からちょっと欲しかったんだ。
文鎮を必要としてたわけじゃないけれど。
でもいいでしょ?この風合い。

は~、ありがたや。ありがたや。

2014/12/12

Hume

ヒューム

2014/12/11

KYOSEKI

巨石

2014/12/10

JM Ticket

2015/1/26 no ticket wo get shita.
Johnny Marr hatsu no tandoku rainichi kouen.
Basho ha Ebisu Liquid Room.
Aa~ tanoshimi da!

(Ticket, 先行抽選予約 datoka de 400yen kurai yobun ni torareta ga
 kono sai yamu wo emasi. Douse, sore ga yatsura no sakusen darou.)

2014/12/09

Interstellar

月曜日、12月8日。
レイトショー。みなとみらいイオンシネマにて。

クリストファー・ノーラン監督  『インターステラー』

予告編も見ていて、割りとありきたりの家族愛ものの宇宙ものかと思いきや
なかなかどうして見応えのある3時間の大作だった。
ストーリーもしっかり作りこんであって長く感じさせないし
後半に向かってのスリルもかなりいい感じ。
宇宙を舞台にしたラブストーリーと言える作品かもしれないけれど
こういうラブストーリーなら嫌いじゃない。

2001年へのオマージュか宇宙ものの伝統か
異次元空間を突き抜けると何でもありの空間に突入して
結構便利なのは微笑ましい。(笑)


宇宙ものSFもの好きは見ておいて損はないです!
1100円でいいもの見れた。お客さんは5~6人くらい。

午前0時20分終了で、店の人も早く帰りたかったのか
エンドロールの最中になぜか場内の電気つけてた。何だったんだろう。

自転車にて。

2014/12/08

Flyer

"2014nen no collage"

(コラージュ)
 
 
解説
 
Zenbu wakatta kana?

2014/12/07

LIVE 14 -2014〆

2014/12/6 at 西荻 FLAT
sassya- 企画 "CUT OFF VOL.1"
 
【SET LIST】

1. NEJI
2. プルトニウム・チャージ

3. 真空 (新曲)
4. PLANET SONG 2014
5. 新しい猿

Medium tempo (?) number oshi no live de atta ga, kore ha kore de ari datta.
2014nen wo kukuru ni fusawashii live ga dekita to omou.
Yondekureta sassya- to kiitekureta minasan ni doumo arigatou wo.

2014/12/04

DISCO

DISCO

2014/12/03

COLLAGE 2014

"2014年のコラージュ"

というわけで2014年にあった色々な出来事を(悪意なくそのまま)コラージュ。
危険がなければ、毎年年末に作ろうかと思ってます。拡大すると楽しいかも。
はやぶさ2はさっき打ち上げ成功したばっかだから間に合わなかった。

こうして見るとなかなかカオスだな、2014年。

2014/12/02

Giorgio de Chirico



汐留にあるPanasonicミュージアムへキリコ展
『ジョルジョ・デ・キリコ -変遷と回帰』 を見に行く。
寒波が近づいてるだとかで、ようやく冬っぽくなってきた日の午前11時過ぎ。
程よい人の入りと、程よい展示作品数と、程よいチケットの値段。
(ちゃんとネットで100円引きのクーポン券をプリントアウトして行ったので900円である 笑)

この前の美術展で1枚見ただけなので、きちんと見るのは今回が初めて。
形而上絵画を描き、後のシュールレアリズムの祖とも言うべきキリコ。
不思議な絵たちには、マネキンやアーチや、ちくわぶ、、じゃなかった神殿の円柱が
繰り返しか描かれていたりして面白かったなあ。
晩年になってさらにヘタウマとも言えるなんとも言えない絵になっていた。

解説なんか読んでも、
その独特な遠近法の使いかたからか、やたらと “見るものに不安を感じさせる” とかあるが、
そんな風には全然感じなかったな。むしろ心地よい空間に思えた。心地よい孤独というか。

ともすると一発ギャグになりかねないシュールな絵画の世界。
やっぱりそうならない画家には信念と技術があるんだろうな。

会場で流れていた2種類の映像も興味深かった。
いかにも批評家チックなフランス人インタビュアーによるちょっと意地悪な晩年のインタビューにも
「私は幻想家ではない」「私は普通の人」「いま幸せだ」などと
インタビュアーが予想してたのと随分違う答えが返ってきたようで面白かった。
キリコの人柄などはまだよく知らないけれど(毒舌家であったらしいが)、すごく本音のような気がする。
“画家=奇人変人であるべし” っていうのも結構なテレオタイプだよね。
変人じゃなきゃ変な絵が描けないわけじゃないからなあ。

もう1本の映像では、
「私の形而上絵画を本当に理解しているのは世界で2,3人ぐらいしかいない」と言っていたりする。
幻想的な絵を描けば寄ってたかって批評したり意味を探したりする。
これはただの俺の想像だけれど、
キリコは「たかが絵じゃないか」なんて思ってたりしてたんじゃないかな。
“たかがロックンロール、されど、、” と同じようなもんで。
「見たままを楽しめばいいんだよ」と。

そんなことを思った美術展。
写真は例によって購入した図録。2500円。

あと、やはり諸星大二郎先生は彩色などに結構影響を受けてるんじゃなかろうか。と、思った。

次は来年3月のマグリット展だな。

2014/12/01

GPLNC Recordiong!!


我々、グーピル・アンド・シーは、
セカンド・アルバム"SO ON "以来のレコーディングに突入いたしました。
来るべき新作音源のための新曲たち。当然セルフ・レコーディング。
2時間のつもりが、結局延長して4時間。とてつもないのが録れました。
前回の録音よりもさらに技術を進めて、ドルビーサウンド真っ青のど迫力サウンドを再現する目論見です。
どうです、マイクが立っていたりするでしょう?
真下に向かってマイクが向いていたり。笑


『これ、本当にギター1本とドラムだけかよ!』

そんなぶっ飛んだサウンドになったなら。

是非期待していてくださいませ。
自分たちも楽しみで仕方がないのです。


(写真は、BUZZCOCKSのTシャツでレコーディングに臨むドラムス・ヒラノユー)

2014/11/29

GO

GO

遮断

SHADAN

2014/11/26

SLEEP

SLEEP

2014/11/25

Flyer

"MANAZASHI"

(ペン)

2014/11/24

LIVE 13 -2014


GOUPIL 遠征第2

2014/11/23 at 郡山 TISSUE★BOX

【SET LIST】


1. 凶暴
2. NEJI

3. FILAMENT
4. SOS
5. KEIZAI
6. プルトニウム・チャージ
7. PLANET SONG 2014
8. SEIMEI

T.M.O.D (three minutes over dead) & studio tissue★box 企画
Fukushima ha Kooriyama deno studio live.

Anoba ni itekureta minasan, soshite yondekuretta T.M.O.D
narabi ni Redd Temple Arakawa kun ni kansha!!
Hijou ni tanoshii tabi to narimashita.
T.M.O.D ha imamade de ichiban yokatta.




Shinjuku (toiuka Yoyogi) kara 高速バス "あぶくま号" de 東北道をひた走る.
Doucyuu 紅葉 mo migoro de attari. Kooriyama ha tokai de attari.
Yofuke made katari attari. Umarete hajimete studio ni 布団 hiite nekasete morattari.
Sonna 1paku 2ka.


Kekkou hiekondeiru asa.
Hinode mae AM5:50 no bus de ichiro Shinjuku he.
Kumo to hikari ga iikanji.
Atto iu ma no iitabi.


Tsugi ha 2014nen 〆live. 12/6(sat) 西荻FLAT. Omachishite orimasu.
RECORDING nimo TUTSUNYUU seneba!!

2014/11/21

Dolls

見たかったけどなかなか見るタイミングがなかった映画。
紅葉の季節に誘われるように思い出し、ヤフオクで購入。

北野武監督 『Dolls2002年作品

うむ。
今作もカットの端々から感じられる武節。
印象的なシーンもたくさんあった。
やっぱりかなり画家的な発想をお持ちなんだろうな。

時間があるときまた見よう。


ああ、そろそろ北野映画DVDコンプリート大作戦を実行に移そうかな。
2ヶ月に1本くらいのペースで。

2014/11/20

Julienne Strips

千切り

2014/11/19

BONSAI

近所のホームセンター行ったら
盆栽を衝動買いしてしもた。

けやき(千葉県産)  税込821円也
枯らさんようにしないといけません。