2014/11/03

Jersey Boys



クリント・イーストウッド監督  『ジャージー・ボーイズ
20:40~ レイトショー @桜木町 横浜ブルク13

こりゃあ面白いや!
久々のレイトショーは、これまた久々のクリント・イーストウッド監督作品。
60年代初頭から活躍したアメリカのポップスグループ“フォー・シーズンズ”を取り上げた映画。
何でもブロードウェイとかのミュージカル作品をイーストウッド監督が映画化したとか。
オールディーズも結構イケる私には非常に楽しめる映画でしたな。

最後の方で主役に“音楽家としての頂点は?”みたいな独白をさせるんだけれど
バンドマンならきっとよくわかる話で印象に残った。

イーストウッド監督映画は、そんなにたくさん見たわけじゃないけど
大ベテランだからであろう、どれもきちんとした“映画として”安心して楽しめるのだ。
それでいて演出などもちゃんと冒険することも忘れず、決して予定調和で退屈にはならない。
全部がこんなハリウッド映画ならいいのにな。
『グラン・トリノ』以降、俳優として出演の『人生の特等席』しか見てなかったが
その間に3本も監督作やってたんだな~。見逃してた、、。


公開終了間際のレイトショーだったけど
お客さんは2~30人はいたかも。おじさんが多めだったけど、リピーターもいそうな雰囲気。
デートの若いカップルがたくさんいる商業ビルで、3連休最後の日だったけれど
この映画にはそんなカップルたちはいなかった。時間が遅いせいもあるか。


あとは、余談。

映画館のフロアへ上がるエレベーター内で乗り合わせた
これから目当ての映画を見ようかという賢そうなカップルの会話


男「え~何だよ!あの映画字幕しかないじゃん!」
女「ほんとー?あたしも字幕ついていけないんだよねー」


そっかぁ、そこかぁ、、。もうそこからなのかぁ。
オツムが良くないと映画を楽しむ以前に
越えなきゃいけないハードルがあるのかー。
だからヒットするのはアホ向けの映画ばかりなのかぁー。



以上です!