2015/09/23

七人の侍



あ、これは凄げえな。
白と黒が生き生きしている。

昔の映画って名作と呼ばれる映画でも結構
今の映画に比べるとどうしても間延びして冗長に感じることもあるが
編集やカットの移りなども軽快で全然今の感覚で楽しめる。
映像も素晴らしい。
(今さら俺に褒められてもしょうがないが 笑)
 
三船敏郎氏はもちろん素晴らしいことこの上なく
他のお侍さんも素晴らしいが
特に久蔵役の宮口精二氏が最高だ。
しかもお侍さんたちの走り方、あれナンバ走りじゃないかい?
フィルム早送り気味のせいかな。
いや、でも昔の着物の走り方でちゃんと走っていてかっちょいい。
 
あと竹やりなんてと馬鹿にしがちだが
爆撃機には使えないが白兵戦ではこれはなかなか恐ろしい武器なんだな。
 
あと断末魔の「うぐぇ」って声もリアルでよかった。
人間死ぬ時「ぎゃー!」なんてたぶん言わないもの。
 
あと一番したたかで恐ろしいのは
百姓という集団ということだな。
 
 
やっと見ることができた。
黒澤明監督 『七人の侍』
1954年の作品でした。
 
 
次は何を見ようかな。

2015/09/14

MATRIX

秋の夜長に映画鑑賞だ!
 
今さら感が半端ないですが、映画『マトリックス』を見る。
(我ながらまったく時代に追いついてない私)
 
ウォシャウスキー兄弟(今は姉弟だっけか?)監督。1999年作品。
いやあこれは面白い。ちょっと哲学的というか求道的というか。
真実を追い求めてやまない俺の好きそうな話である。
そこかしこにカンフーやジークンドーの匂いがしていた。
なんか久々にジャッキー映画を思い出してしまった。
 
次借りる次作では、あの未来世界(現実世界)の全貌を見せて欲しい!
かなり良い不気味さが漂っていたから。


(つーか、誰なんだ!俺がようやく借りようと思ってる『七人の侍』借りてる奴は!?
 いつ行ってもねーじゃねえか。他の黒澤作品も借りられてるから、さては誰か
 ひとり黒澤祭りに突入してる奴がいるな?)

2015/09/13

Dusk

Yuugure ga hayaku natta.

2015/09/08

STEVE VAI の本

また本を衝動買いしてしまった!(笑)
昼休みに有隣堂にて。何でこんな本もちゃんと入荷してるんだ?

『ヤング・ギター[インタビューズ] スティーヴ・ヴァイ』
(シンコーミュージック刊)

ヤング・ギターを読んでた頃を思い出すぜ。

ちなみに私はあんなギターを弾いているが
アンチ・テクニカルってわけじゃあない
言うなれば、、、省エネ、、かな(笑)
(いや、その割にはエネルギー食うな、、笑)


要はテクニックがあろうとなかろうと
そこに魂が入ってるかどうかってことだから。


周りに散りばめたCDは小嶋愛聴のおすすめヴァイ関連CDの一部だ。

VAI  『SEX & RELIGION』 
ALCATRAZZ  『DISTURBING THE PEACE』
PUBLIC IMAGE LTD. 『COMPACT DISC (ALBUMのこと)』

VAIALCATRAZZ
はあの小嶋兄弟(私には兄がおります)が聴きまくったという激名盤。
どちらも曲も素晴らしいし、グラハム・ボネットも最高である。

意外なところでは、PiLの『ALBUM』での演奏。(坂本龍一も参加してたりする)
俺はこのアルバムの曲も録音のサウンドもとても好きで今もよく聴くのだが、
ヴァイもジョニーの人柄を気に入ったらしく、おそらくプロ的な仕事のひとつではあったろうが
「『ALBUM』のレコードを聴くたびにあの頃の楽しい思い出に浸れる」と言っていたのが
ちょっと自分的にはニンマリとしてしまうポイントであった。

分厚い本だからゆっくり読もっと。
シリーズでイングヴェイのインタビュー本も出てたけどそっちは買わないよっ!(笑)
(ちなみにイングヴェイは小嶋"兄"の領域。あとサンタナ)

2015/09/07

ニュ... NEW PC..!

また届いた!(笑)
さ、さすがに今度は大丈夫だろう。
交換できて良かった、、。ホッ。
頼むぜ Windows10

2015/09/06

Flyer

"Machine Flower"


(サインペン/ペイント)

2015/09/05

LIVE 7 -2015





bahAMaba VS GOUPIL AND C "THE SPLIT"
Release Live!!  2015/9/5 at 新宿 NINE SPICES

GOUPIL AND C  /  bahAMaba  /  gokarts



【SET LIST】

1. NEJI
2. 鬼殺し

3. KEIZAI
4. 絶望をぶっ殺せ
5. SEIMEI

6. 真空
7. SOS
8. SOUMATOU
9. プルトニウム・チャージ
10. インディペンデント・フロント
11. PLANET SONG 2015

en. FILAMENT


いかがでしたでしょうか?
数年に一度あるかないかの希少なGOUPIL AND CbahAMabaのイベント。
連日の雨の合間を縫って奇跡的に降らず。これもきっと日頃の行いがよいからでしょう。(笑)

bahAMabagokarts、そして あの場に足を運んで耳を傾けてくれた方々に感謝です。
我々もアンコールまで飛び出させて頂いて、持てるすべてを放出したかと思います。
三者三様の"音"を感じて楽しんでいただけたならうれしい限りです。


同じ場所で同じ時間を共有するってものすごい贅沢なことなのかもしれない。



実は3箇所で録音していたのである。
良い感じに録れてたら、、、ラ、ライブ盤?(笑)