2016/12/30

GLDN - CLUB SENSATION



GLDN 最新アルバム『BOOK OF GOLD』
リリース・パーティー 横浜編!

 
@横浜 日ノ出町 CLUB SENSATION

家の大掃除をたっぷりやった後
夜、自転車で日ノ出町へ。
GLDNの地獄の咆哮のようなギターサウンドを浴びた後は
色んな人と会って話して、みんなお別れの挨拶は「よいお年を」。
 
 
そんな年の瀬12月30日。
充実した一日。

2016/12/29

Flyer

"2016年のコラージュ"

(コラージュ)


さ~あ、皆さんお待ちかね(?)
答え合わせのお時間です!



1 - 天皇陛下の"お気持ち"の玉音放送(生前退位について)
2 - ブラジル リオ・オリンピック、パラリンピック
3 - 重力波観測成功
4 - 山口県長門の温泉で日ロ首脳会談 プーチン遅刻で来日
5 - キューバのフィデル・カストロ議長死去
6 - ボブ・ディラン ノーベル文学賞受賞
7 - バングラディシュテロダッカ20人死亡(日本人7人死亡)
8 - 新宿ゴールデン街火事
9 - 新宿ゴールデン街火事で職場を失った野見さん
10 - SMAP解散へ
11 - ブリュッセル空港爆発テロリスト ベルギー同時多発テロ
12 - 熊本・大分大地震 震度7が2回
13 - 2月5日桜島噴火
14 - 軽井沢バス事故
15 - 博多道路陥没
16 - オスプレイ名護市浅瀬に不時着という名の墜落
17 - ピコ太郎
18 - シン・ゴジラ
19 - マリオ土管
20 - ポケモンGO
21 - 舛添要一
22 - パク・クネ大統領弾劾
23 - 女性実業家チェ・スンシル
24 - オバマ広島訪問 被爆者とハグ
25 - イギリスEU離脱決定
26 - ドゥテルテ大統領「オバマよ、地獄に落ちろ」
27 - 小池百合子新都知事
28 - アメリカ合衆国次期大統領 ドナルド・トランプ
29 - リオで安倍マリオ
30 - センテンス・スプリング
31 - 11月22日 福島県沖震度5弱M7.4 沿岸津波到達
32 - 築地市場豊洲移転 地下盛り土なし
33 - 沖縄 米軍軍属 女性殺害死体遺棄
34 - フロリダ銃乱射49人死亡
35 - 埼玉女中学生誘拐 寺内カブ
36 - 川崎老人ホーム転落死
37 - 相模原障がい者施設19人殺害 植松聖
38 - 上大岡 痴呆症87歳運転事故
39 - 高畑親子
40 - 清原覚せい剤
41 - ヒラリー・クリントン敗れる
42 - 三菱自動車不正
43 - 大口病院の点滴
44 - 君の名は。
45 - 民進党に改名
46 - 新元素ニホニウム命名
47 - 石田純一都知事選立候補出馬に意欲
48 - イクメン宮崎議員不倫
49 - 甘利辞任
50 - 成宮寛貴
51 - 野村貴仁元選手
52 - ASKAまた捕まるも不起訴
53 - ベッキー
54 - 北海道でしつけで置き去り大和くん
55 - G7伊勢志摩サミット
56 - 北朝鮮弾道ミサイル3発連続発射 核実験小型化か?核弾頭
57 - こち亀40年に渡る連載終了


全57項目!
多いよ!(笑)

全部分かった人は2016年マニアです。
あなたはいくつわかったかな?

 

2016/12/28

LIVE 11 -2016


2016/12/28 (水)
Live at 小岩BUSHBASH
 
 
【SET LIST】
1. 302(新曲・初披露)
2. ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム
3. 平等
4. Mr.Fragile(新曲・初披露)
5. 新型の戦争
6. V-16
 
 
2016年のライブ納めに、未知の新曲を2曲投入。
"302" は、ジャキーンとして疾走感のある曲。
"Mr.Fragile" は、今までのGOUPILにはなかったアプローチの曲かも。
お楽しみいただけたら幸い。
その他もすべて今年収穫した新曲でござんした。

あ、実は今回初めてのやり方でJCアンプの設定を変えたのです。
その音の違いに気づいたら相当なマニアでしょう。(笑)
中音(ミドル)の輪郭がはっきりした、はず、と本人的には自負しております!

 
演奏時間が短めだっただけに
濃縮凝縮してのお届け。
師走の忙しい中、馳せ参じてくれた皆さん、あの場にいた皆さんに感謝。
 
そして今年もライブや音楽を通して出会った人たちにありがとうを。

 
 
GOUPIL AND C  次回ライブの予定は決まってないんだけど(笑)
来年は新曲たちを録音し物体として形にして世に出していきたいと思っております。
曲はかなり溜まってきた。(笑)
 
2017年もどうぞGOUPIL AND Cをお楽しみに。
 
 

間門の交差点より。
石油タンクと富士山。
結構夜は冷え込んだ一日だった。
 
 
 
(そういや茨城で震度6弱の揺れがあった時、ライブスペースの方では
 誰も気づいていなかったっぽいな 笑)

2016/12/25

COLLAGE 2016

"2016年のコラージュ"


2016年もあとちょっと
あなたの記憶には何が残っていますか? -
 
 
 
今年も作ってみたよ。
コラージュの切り貼りに他意はありませぬ。(笑)
今年話題になった出来事を清も濁も貼りまくり。
今年は人が多すぎたかな。
上半分の左側はアウトな人、右側はセーフな人、が多いです。(笑)
天皇陛下は不敬にならないように丁寧に切り抜いてある。
デヴィッド・ボウイや永六輔氏を入れ忘れたな。
貼り終わった翌日に糸魚川で大火があった。
 
 
57点貼ってあるのだ。
いくつわかるかな~?
拡大して見てみてちょ。
 
 
答え合わせの解説は数日後に載せます!

2016/12/22

TOWER THRILL EE TSUTA

あきゃー!
なんてスリリングな職場なんだろう!
 

そして今年もいいツタだ。
かなり真っ赤。

2016/12/21

最近 和ものにもグッとくることが多くなった。
 
近所のホームセンターで購入した
小っちゃい正月ピック(植木鉢に刺すやつ) 128円

2016/12/15

OIL MOTION TOYS

これがほんとの無駄遣いってヤツなのか!?(笑)
 
百均(ダイソー)に売っている「水と油のおもちゃ」
"オイルモーション" と書いてある。
"ボトルウェーブ" とかいうおもちゃの一種なのかしら。
 
かなりよく出来ていて見ていて飽きない。
1家に1台!!
どうっすか!?(笑)

2016/12/14

WOOD BOX 2

使い勝手がいいように
油絵の道具用に木箱を作って
万力で圧着したり
 
する休日。
 
なんてピッタリなんだ。
素晴らしい。
筆は、試験管を立ててそこに差す!
試験管はハンズで買ってきた。
 
 
もう一度言おう。
まずは道具で気分を盛り上げる。
これぞ常套手段。
 
 
絵を描く前にだいぶ満足しちゃった。(笑)

2016/12/13

座頭市物語

「俺も手向かうぜ」
 
かっけえ!!
 
 
『座頭市物語』(1962年/大映)
勝新太郎の代表作"座頭市"シリーズ
記念すべき第一作目にして傑作
こりゃあ見事なエンターテイメントだね。



盲目の居合いの達人を勝新が見事に演じ切る。
ちゅうか勝新の演技をちゃんとみたの初めてだ。
ライバル剣客の平手さんを演じる天知茂というイカす役者さんが
歪弦くにやさんにどことなく似ていた。(笑)
めくらの反対は目明き(めあき)と言うのか。
勉強になった。

「貴公は~」っていう話し方 いいな。
俺も真似しようかな。

映画としてのシンプルなストーリーもいいし
ラストのクライマックスとその後のシーンもいいねえ。


 
 
 
TSUTAYAで棚を見ると、座頭市シリーズが多すぎて
どれが何作目なのかわからん、、、。(笑)
しかもDVDジャケットに第〇作目とか書いてないし。
借りに行くときは、事前に調べてから行きませう。(笑)

2016/12/12

Palette

Amazonで油絵のパレットを購入。
今までは持ち運び用の折り畳み式のだったが
ちょっと画家っぽいちゃんとしたヤツを。
 
文房堂  油パレット 桜材  丸型4号
 
まずは道具で気分を盛り上げる。
それが常套手段。(笑)
 
きっと良い絵が描けるはずだ。

2016/12/06

momiji

色彩の事ならすべて自然が教えてくれる

2016/12/05

WOOD BOX

金属の角が尖っていて危ない
BOSSの分岐ボックスに木箱を作ったり
 
する休日。

2016/12/04

akiba

例のArt&Lutherieの黒のアコギを買った時に
一緒に試奏したEpiphoneの青いAJ-220Sが
どうしても忘れられなくて
ふと思い立って仕事終わった後に秋葉原まで試奏しに行く。
(横浜の店にはなくなってしまったから)
 
よし!満足した!(笑)

2016/11/30

刑事物語



「野郎ぉ、、ぶち殺してやる!」
 
武田鉄矢の怒りの鉄拳
そして、ハンガーヌンチャクが炸裂する!!
 

武田鉄矢主演
『刑事物語』(1982年)
全5作シリーズの第1作目。

YouTubeで伊集院光のラジオを聴いていたら
ゲストの武田鉄矢本人にやたら熱く語ってるもんだから借りてみた。

面白くて良かった。
なんか久々に昭和のドラマを見た感じ。良い意味で。
また邦衛さんが出てた。ほんと凄い振り幅だな。
高倉の健さんもちょろっと友情出演。
ヒロイン役の有賀久代さんという人もとても良かった。
挿入歌の海援隊の歌も良かったな。
武田鉄矢はいつも全力で演技するんだろうな。
きっと武田氏もほどほどの力では生きられない男なのだろう。

そして続きも見たいが、行きつけのTSUTAYAには置いてない!(笑 たぶん)



毎日映画を見る!
と言いますのも、TSUTAYAの半額ハガキが
11月いっぱいまででして、4本同時に借りてしまった。
というわけでありますから、これを持ちまして
またのんびりペースに戻らせていただきます。
さすがに毎日は大変ネ。面白いけど。
今回連日見た4本とも、ハズレなしだったな。

2016/11/29

バニラ・スカイ


面白かった。
いろんなシーンを行ったり来たりして
こりゃ編集する人が大変系の奴だ。(笑)
 
サイコ・サスペンス・ラブ・ストーリーというか
奇遇にも『ジョニーは戦場へ行った』『どですかでん』と同じく
これも現実と夢の物語。
 
途中ちょっとダレたけど(笑)
最期のシーンはかなり良かったな。
それだけでも見て良かった感じ。
またそこで流れるシガー・ロスの曲も良かった。


『バニラ・スカイ』
(キャメロンクロウ監督 / 2001年)
出演はトム・クルーズさん、ペネロペ・クルスさん、キャメロン・ディアスさん他
スペイン映画『クローズ・ユア・アイズ』という作品のリメイクとのこと。
ネットで評判よさそうだったので借りてみた。



ここ3本を通じて
俺は夢・幻系のストーリーがわりと好きだということが分かった。(笑)

2016/11/28

どですかでん





すげえ映画だな。
好きだなあ!とはちょっとならないかもしれないけれど。(笑)
TSUTAYAの棚でたまたま目についたので借りてみた。
前にTVで見た黒澤監督の『夢』に近いようなタッチ。
 

『どですかでん』
(黒澤明監督 / 1970年)
 
時代も場所もわからない戦後の焼け跡のバラックような集落。
野良犬みたいな人々の暮らし。
ちょっと演劇がかってる寓話的なリアルな幻想のような群像劇映画。
 
車に住む親子や、死んだ目をした男が素晴らしい。
邦衛の酔っ払いっぷりも見事だ。
登場人物が皆生きている。
 
 
人生は電車のよう
乗ってくる人、降りてゆく人、乗り合わせる人
町はそんな電車のように今日も走っていく
 
どですかでん
 どですかでん
   どですかでん
 
人生なんて皆まぼろしを見る「どですかでん」みたいなものだ
 
 

、、、とそんな感じでしょうか?

 
 
人間、心に見えたものが現実なんですかね。
昨日の『ジョニーは戦場へ行った』と通じるものがあるな。
 
 
(ど頭から音楽が音割れしててちょっとびっくりしたぞ。笑
  山本周五郎の小説 『季節のない街』を原作にしているらしいが
  このストーリーを文章で読んで面白さが味わえるか謎だ。)

2016/11/27

ジョニーは戦場へ行った








"戦争で手足耳目口鼻を失ってしまった青年が感じる世界とは ― ?"
 

ショッキングで重いストーリーではあるけれども
決してただのショッキングな見世物的映画じゃないし
ただの反戦映画でもない。
なかなか深い映画だ。
 
夢と現実
時間

戦争と平和
年寄と若者
親と子
思考すること
意志

生と死

深いところまで描いている映画だ。
病床の現実はモノクロで、記憶や夢はカラーで。
役者さんも映像もいい。
有名な映画だけど重く退屈な映画なのかなと思っていたがそんなことはなく、
これは名画と言っていいでしょう。


ジョーは最期どうなったんだろうか?



『ジョニーは戦場へ行った(Johnny Got His Gun)』(1971年)

ドルトン・トランボ監督・脚本
監督自身が1939年に発表した反戦小説が原作
ベトナム戦争最中の1971年に映画化されたとのこと。
共産党員だったらしく赤狩りに遭い、偽名で書いた原作の中には『ローマの休日』もあるようだ。

2016/11/26

BOX

諸星漫画の新作が読める幸せ。
 
諸星大二郎 『BOX ~箱の中に何かいる~』(講談社)
 
ここに来てまた複雑怪奇で意欲的な作品だ。
まさかのBLな味付けまで。
モーニングツーで連載中らしい。
久々の長編シリーズか?
 
、、、『西遊妖猿伝』西域篇はいったいどうなったんだろう?(笑)