2016/08/31

TABI 2016 -extra

~つづき
    、、、と見せかけて新たな旅ッ!(笑)



青春18きっぷ、残った最後の1枚で、8月最後の日、
日帰りでJR小海線「甲斐大泉」~「清里」間を歩いてきた!
日本が誇る高原列車なのさ。




な~つがす~ぎ~♪
風あ~ざみ~♪


まさに!!

今回のウォークマン
メインテーマは
井上陽水 「少年時代」
井上陽水&安全地帯 「夏の終わりのハーモニー」

完璧です。
陽水の「新しいラプソディー」も良かったな。

絶景。八ヶ岳高原大橋。




中村農場で親子丼。吐竜の滝を見たり。
帰りには、「佐久海ノ口」で降りて
温泉に入ってから帰路へ。
 
朝7:05に家を出て夜11:05くらいに帰宅。
 
歩いた。歩いた。
ふ~今年の夏の旅はどれも良かったなあ。
俺、もしかしたら"乗り鉄"の素質があるのかもしれん。メーテルー!
(銀河鉄道999も全巻持ってるしな。少年画報社の古いヤツ)
 
 
またそのうちどこか行こう。

2016/08/30

TABI 2016 -7

~つづき

8/10

旅三日目。
ついにこの日がやってきた。
今回の聖地巡礼の旅、最大の目的である
水木しげるの故郷 "境港" に行く日だ。
8:20チェックアウト。まずは、荘原駅へ。
ぐわっ!朝陽が半端ない。
今日も暑くなりそうだ。





歩いてる人なんかだあれもおらん
シオカラトンボが飛んでいる
車がビュンビュン
鬼の案山子
シラサギが立っている




20分強で到着。
三日目にして、ようやく「青春18きっぷ」使用開始だ!
これは、5枚(5日分)ひと綴りになっていて、11850円。
※18歳じゃなくても誰でも使えるぜ。

JRの列車が1日乗り放題になる優れものなのだ。
今回の旅を決心させたもののひとつである。
使う時は、1日の初めに駅で判子を押してもらう。
 
よし、判子押してもらお!
と思ったら、荘原駅は無人駅で駅員さんはだあれもおらなんだ。(笑)
ひとまずそのまま来た列車に乗りませう。
米子行きの普通列車。8:55乗車。米子までは1時間ちょっと。

しょぼい写真しかなかったけれど、
途中車窓からは宍道(しんじ)湖が見えた。
しばらく湖の岸辺を沿って走るのでとても良い景色だった。

ゲゲゲの女房こと水木先生の奥さんの生まれ、「安来」を通過。
安来を過ぎると、島根県から鳥取県に入る。
そして隣の駅が「米子」だ。10:05到着。



初めて青春18きっぷに判子をもらって改札を出る。
あっ涼しい!ちょっと秋の爽やかさ。(ただ午後を回るとやはり暑くなった。)
お土産屋をぶらついたらおまんじゅうもらった。

ここでJR境線というのに乗り換えて終点の「境港」を目指す。
境港まで15駅くらいあって、各駅に妖怪の名前が付いている。




出た、ねずみ男列車。(笑)




2両編成のもうひとつは鬼太郎である。
町中で使われている鬼太郎たちの図案は、ほとんどがアニメからではなく
原画から使われているものなので、マニアも安心なのである。(笑)

10:30過ぎ出ぱ~つ。





途中の車窓からは米子鬼太郎空港が。
おみやげやさんでもらったおまんじゅう食う。

(きっと大半の地元の人は、水木しげるマニアではないので、
 駅に妖怪名をつけられたり、空港名に鬼太郎ってつけられたりして
 どうなんだろうってちょっと思った。笑)




11:20。
つ、つ、つ、つ、つ、着いたーーーー!!
テンション上がってきた!



駅前には早速先生たちのブロンズ像がお出迎え。







ロシア語っぽいのも書いてあるけどロシア人も来るのだろうか?
あ、それから当たり前すぎて言うの忘れてましたけど、
境港には「水木しげるロード」という通りがあって、
妖怪のブロンズ像が随所に設置されている観光地となっておるのであります。
私はそれを見たい。


先生、到着しましたよー!



とてもキレイに整備された境港駅前。
案内所でパンフレットをもらい、いざ「水木しげるロード」散策へー!
当然陽射しは強烈。
 
 
 
~つづく

2016/08/28

TABI 2016 -6

 ~つづき


8/9
出雲大社詣でを終え、
 15:46 出雲市駅から山陰本線に乗り、2駅目の「荘原」駅に到着。
ここに今夜泊まるホテルがある。
予定を決めたのが直前過ぎて安い部屋が選ぶ余地がなかったのである。
(旅の計画は前もって余裕を持って決めるべし。笑)

2駅目なのですぐ到着。
ああ、なんて素敵な駅舎なんだろう!


駅前はいきなり田んぼです。
スマホではないので、家で印刷してきた地図を見ながらホテルを目指す。
歩いたら20分くらいあった。
そして、疲れた体を西陽が容赦なく差す!(笑)



ああ!見えた。
「出雲空港ホテル」に到着!
見渡しても空港が見えないがきっと近くにあるのだろう。
チェックインして、2日ぶりのシャワー!
は~生き返った。
横になったらちょっと寝てしまって20:30頃
向かいのファミマへ買いに行く。
出雲まで来てコンビニかい!(笑)
近くには確か焼き肉屋かなんかしかなかったような、、。
でもちゃんとヨーグルトは食べるよ。
素泊まりで4900円だった。




NHKのニュースを見ながら食べた。
日本全国猛暑のニュース。
やはり昨日の広島は37℃くらいあったようだ。
 
明日はいよいよ境港!
松江・鳥取方面も快晴で暑くなりそうだ。
 
23時寝る。
ちょっとさっき寝たせいか、1時間以上寝付けず。
まさかカフェオレのせいじゃあるまいに。(笑)
 
Zzzzz、、、。
 
 
 
~つづく

2016/08/27

TABI 2016 -5


人に向けて書いているのか日記だか何だかわかんなくなってきたので(笑)

いま一度今回の旅を整理すると~

8/7 横浜より夜行バス
8/8 1日目 広島
8/9 2日目 出雲
8/10 3日目 境港
8/11 4日目 鳥取砂丘  夜に鈍行で帰路へ
8/12 終電の豊橋で始発を待ち横浜へ

てなスケジュールでした。



~つづき

8/9

10:55 出雲市駅に到着し、出雲大社行きの切符を買い
さあ出発だあ!と思ったら電車到着まで1時間くらい待ち。(笑)
山手線とは勝手が違うのです。
待合室のテレビではリオオリンピックの体操か何かが盛り上がっていた。

12:25 出雲市駅→川跡(かわと)駅で乗り換えて出雲大社前駅へ。
2両編成の列車。窓の外に広がる田園風景。
久石譲「Summer」を聴きながら最高の景色だ!完璧。





イカシたデザインの一畑電車

 
BGMは久石譲の「Summer」が完璧である
 


途中で1回乗り換える

 
出雲大社前に到着
 
本数はとっても少ないから逃すとヤバイ
帰りの時間も要チェック




駅舎とその前のメインストリート
ぐわっ!またすごく暑い!陽射し直!




 
鳥居をくぐると下り坂になっている。
本殿が入口よりも下にあるのは珍しいらしい。
写真は省略するが本殿までかなり長く広い。
 
拝殿で旅の無事を祈ったり
おみくじを引いてみたり
(14番目って何だろう?笑)

病気 なおる。
結婚 仲人口を注意。
売買 利あらず。
旅行 よい。



おみくじいっぱいの木
高床造りの本殿は、拝殿があるため正面からはよく見えないので
横から隙間から観察。
これでも昔より高さが低くなったらしい。
諸星大二郎『暗黒神話』のワンシーンを思い浮かべてしまう私。
 



出雲のいわゆる神在月(旧暦10月) (他の地域での神無月)に
全国から集まってくる神様たちが泊まる建物

切実な絵馬を発見
※俺が書いたんじゃないよ(笑)


出雲大社は山を背負っている。
大社敷地内は山に囲まれ巨木がたくさんあるせいか清浄な空気感がやはりある。

大社入口のそば屋で出雲そばを食す。
こんなところにもスタバ進出。
電車の時間まで
メインストリートのお店ではちみつソフトクリームをほおばる。
暑いから当然である。

帰りの電車もまた違うデザインでイカす。
ちょっと鉄道マニアの気持ちがわかった気がする。

(驚くなかれ!!!
 つい2~3日前に聞いた話なのだが
 この帰りの電車で、職場の人に会っていたらしいのだ!
 向こうも暑さに疲れていて声はかけなかったらしいのだが
 「小嶋さん、島根で見ましたよ」と言われてビックリ仰天
 そんなことってあるだろーか!笑
 ソフトクリーム舐めてるところ見られなくてよかった)

素晴らしい線路の風景。
BGMはもちろん久石譲の「Summer」
リピートしっ放し。


出雲市駅に到着したのは、15:30頃。
さあ、今夜の寝床に行こう!
たくさん汗もかいた。
やっと風呂に入れるぞー!



~つづく