2016/12/13

座頭市物語

「俺も手向かうぜ」
 
かっけえ!!
 
 
『座頭市物語』(1962年/大映)
勝新太郎の代表作"座頭市"シリーズ
記念すべき第一作目にして傑作
こりゃあ見事なエンターテイメントだね。



盲目の居合いの達人を勝新が見事に演じ切る。
ちゅうか勝新の演技をちゃんとみたの初めてだ。
ライバル剣客の平手さんを演じる天知茂というイカす役者さんが
歪弦くにやさんにどことなく似ていた。(笑)
めくらの反対は目明き(めあき)と言うのか。
勉強になった。

「貴公は~」っていう話し方 いいな。
俺も真似しようかな。

映画としてのシンプルなストーリーもいいし
ラストのクライマックスとその後のシーンもいいねえ。


 
 
 
TSUTAYAで棚を見ると、座頭市シリーズが多すぎて
どれが何作目なのかわからん、、、。(笑)
しかもDVDジャケットに第〇作目とか書いてないし。
借りに行くときは、事前に調べてから行きませう。(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿