2018/05/30

やし酒飲み

アフリカ文学!!

ネットで目にして気になったのでヤフオクで購入してしまった。
なんか表紙もグッと来たし。
小説買うのなんて久しぶりだな。

エイモス・チュツオーラ著
『やし酒飲み』(晶文社刊)

まったく馴染みの無いアフリカの文学。
そもそも"やし酒"がわからん。(笑)


~・~・~

「わたしは,十になった子供の頃から,やし酒飲みだった」――.やし酒を飲むことしか能のない男が,死んだ自分専属のやし酒造りの名人を呼び戻すため「死者の町」へと旅に出る.その途上で出会う,頭ガイ骨だけの紳士,指から生まれた赤ん坊,不帰(かえらじ)の天の町…….神話的想像力が豊かに息づく,アフリカ文学の最高峰.1952年刊.

(岩波書店の解説よりコピペ)

~・~・~


チュツオーラさんはナイジェリアの人で、この作品を1946年に数日で書き上げたのち
1952年にヨーロッパで出版されて西欧文学界で注目された人みたい。1997年没。

いきなりし死神出てくるし、主人公それを掴まえちゃうし
って『河童の三平』かよ!(笑)
それどころかなんか主人公、万能の神っぽいし。(笑)

まだ最初の方しか読んでないけど、
非常に(私の好きな)怪奇色濃厚なファンタジーというか
神話的な、"発想のブッ飛び感" が味わえそうだ。
諸星大二郎好きの私にはスンナリ入る。(笑)


原作は英語で書かれているが、
どうやらその文体が、正規の英語では味わえない
アフリカ的な英語のチャンポンだったようだから、
そこがヨーロッパの人たちには余計グッと来たに違いない。
大いにイマジネーションを刺激したんだろう。


主人公は無事 死者の町でやし酒造りの名人に会えるのだろうか?
では続きを読むとしよう。

(ちなみに全然読みやすいですヨ)

2018/05/23

帰ってきたヒトラー

棚で目についたので借りてみた。

『帰ってきたヒトラー』
(2015年デヴィット・ベント監督・ドイツ作品)

2014年にドイツに現れたヒトラーが巻き起こす騒動を
少々コメディタッチに。しかし核心もうまく描いている映画。
今風のYouTubeやSNSはヒトラーにとっては恰好の道具だ。
歴史は繰り返されてしまうのか ―?

2012年に発表されたベストセラーの風刺小説を原作にした映画。



いやあ面白い良い映画だった。
最初の辺は、(ちょっと日本人とは微妙にお笑いの感性が合わない)
ヨーロッパっぽいコメディなのかな、と思ったけれど。
後半に行くにしたがってなかなか引き込まれたね。
前半のちょっとドキュメンタリータッチなのもよかった。

移民問題の火種を抱えるドイツなんかだと
日本よりも生々しくドキッとする映画だったと思う。

ヒトラーはやはり国民が生み出してしまうのだ。
その辺もうまく描けていたと思う。

それにしてもヒトラー役の人、メイクで作っているとはいえ よく似てるなぁ。

2018/05/17

TRON


ちょうど1年くらい前に見た『トロン・レガシー』の
前作というか元祖 『トロン』 を見る。
1982年のディズニー制作の映画だ。
「世界で初めて全面的にコンピューターグラフィックスを導入した映画」だそうな。
(あ、でもフルCGシーンは15分だけとか。他はポリゴンっぽいアニメーションということだな)
見ようと思ってようやく見れた。

と思ったら本編スタートボタン押すと


こんな画面が出やがって
TSUTAYAで他のディスクと交換してもらってもまた同じで
プレイヤーを色々いじってたらようやく再生できた。
音質が低くノイズ気味だったけど致し方なし。
同じリージョン2なのに。プレイヤーとディスクの相性なんだろうか。

いや~面白いね!
っていうか映像のセンスは今見ても
想像力を刺激してくれるね。

順序は逆になってしまったけど
『トロン・レガシー』で使われてたシーンの元がけっこうあった。



グリッド線のかっこよい世界観はここから来てるのかな。
タッチパネルのキーボードも先取り。

ジャーニーの俺の好きな「Only Solutions」もかかっていたし
というか、この映画の主題歌だったとは知らんかった。
ちょっとゆるい曲だけど。(笑)






見る前はさすがにチープかな~?と思ったけど、
いやあ、これはこれで今見てもすごいな。
ザラついた質感の仮想空間の色使いがいい。
コントラストも効いていて
なかなかサイケデリック。

音楽がまだデジタルっぽくなく
『メトロポリス』の時代みたいな
生楽器のクラシック映画感があるが、
古典的名作な本作にはそれもふさわしかろう。





どのシーンも絵になるなあ。
グッと来るコマばかりだ。
初期ポリゴンの良さを最大限に活かしたプロット。
世界観の勝利な映画だね

人間のイマジネーションたるや!

END OF LINE(以上だ)

2018/05/16

カモメとマイクスポンジ

日本カセットテープクラブの曲で
MUSIC VIDEOにしたいアイディアが浮かんだので

思い立ったが吉日!
っていうか来週曇りっぽいし
今日は風も強くてとてもいい感じなので出かけてみる


目指す獲物は

"カモメ"

だ!


トイカメラのデジタルハリネズミを片手に
いざカモメ探しの旅へ

電車賃節約のため
横浜駅から風景を撮影しつつ桜木町まで歩く

たどりついた海

カ、、、カモメ おらんがな、、、
カモメどこにもおらんがな、、、

カラスしかおらんがな、、、


実は出かける前にちょっと調べたら、どうやらカモメは冬鳥らしく
暖かくなったらたぶんもう渡ってどっか行っちまってるんだろう
案の定 カモメはいなかった
前に自転車で通ってた時、大量に出くわしていたのは
季節は冬だったんだな

カモメはいないけど、ウミネコは留鳥だからいるかも
と淡い期待を抱くもこちらもおらず、、、

狙ったものは撮れず残念ではある

きびすを返しコンビニで買ったアイスジャンボモナカを食いつつ歩く
MM開発地区の風にそよぐ草っ原などを激撮しながら(これも目的のひとシーンだった)
横浜駅に戻る

途中で見かけた 諸星大二郎漫画に出てきそうな階段


横浜の楽器屋では
最近発見して目を付けていた
マイク装着用のウインドスクリーンを購入
税込み270円

マイクに息があたってノイズが出るのを防ぐやつです
(「パッ」とか「プッ」とかの破裂音の発声の時とかだな)

ま、要はスポンジだ
赤と青のキッツイ色のもあった
こんなのが出てるなんて思いもしなかったな
NCTCとか宅録で活躍するであろう



お昼休みはウキウキウォッチング
あっちこっちそっちこっちいいと~も~♪

明日もZUGAを見てくれるかな?

いいとも~!


(マイクに装着したところ。もっさりだな笑)

2018/05/15

GOLD

買い逃していたCDがやっと買えた!
ザ・サーフコースターズの
もう8年近く前の新録ベスト盤『GOLD』。
ヤフオクにも全然出品されないし
Amazonの方はここ何年もずっと9000いくらの極悪非道ボッタくり価格の1枚しか載ってないし、、、
と思ってたら2~3日前にAmazonに2000円ちょっとで2枚も出品されていた!ので速攻で購入。
さっき無事届いてよかったよかっためでたしめでたし、、、
という報告です!

2018/05/11

turntable BURNING

バイトを終えてスタジオ練習を終えて向かった先

渋谷から玉川通りを遡上すること15分くらい
ビルの1室にあるバーEAR

GOUPILのスプリットレコ発やBUSHBASHなどでも
幾度か対バンしたbonstarさんのライブへ

turntableBURNING 50回記念PARTY
出演: bonstar / 伊東 篤宏 (OPTRON)

小さな一室で繰り広げられる音の広がり
bonstaarさん、相変わらずのシビレルプレイだな

最後は共演のお方も加わってのノイズ即興
話には聞いたことがあったが、蛍光灯を楽器に改造したOPTRONというもので様々な音を繰り出す伊東篤宏氏
間近で見れて刺激的  誰もが驚くだろう


DJプレイってのもギターとはまた違った
無限のバリエーションがありそうだな


いやあ、いいもの見れた








2018/05/09

新携帯 G11

バーン!

NEW(と言っても中古だけど)携帯到着!

か、かっこいいだろー?
スマホよりスマートだろー?
これ、ガラケーって言うんだぜ!


auのiidaというデザインプロダクトの「G11」というタイプ。
メーカーはSONYエリクソン。2011年の製品だ。(笑)

わりと美品なものをヤフオクにて9000円くらいで落札。
え、、、? た、高い?(笑)
いやいやそんなことはない!
今使ってるガラケーも修理すると7~8000円くらい取られるだろうし。
今回のはパカパカ開くやつじゃなくて、スライドでスルリと開く奴だから、ヒンジが原因の液晶故障がない分、持ちは良いはずだ。
(とは言え、今使ってるのもなんだかんだで7~8年くらい使ったんじゃないかな?)

スルリと開くスライド式。


俺の携帯は、どっちみちネタ帳替わりにしか使わんからな。

さあ、10年は使うぞー!!(笑)



つっても、auの中古携帯はショップに持って行って
ロックを解除してもらわないと使えないらしい。
明日持って行って使えなかったらお笑いだな。

2018/05/05

SEED 2

実だと思ったら花か!
そりゃそうだよな、花が咲く前に実がなるわけないもんな。
でもやっぱり名前がわからない。

2018/05/04

名刺完成

ついに名刺が完成した!!
素晴らしい!!

こちらがわたくしのお名刺になります。

引越し前から、ああだこうだとデザインをいじり続けていて
昨日ついに完成品が届いたのだ。
今回はちゃんと業者に発注。
「印刷通販プリンパッ!」ってところに頼みました。

ちゃんと良い紙使っとりまっせ~。
両面カラー印刷でっせ~。


欲しい人は言ってください。
というか要らないと言っても渡します。
覚悟しておくように。(笑)


イイネ!


2018/05/03

Flyer

"STEVE2"
(画像)

2018/05/02

LIVE 4 -2018


2018/5/2 (水)
Live at 西荻窪Pit Bar
Not It? Yeah! presents "Get Wild Vol.4"


【SET LIST】

1. 新型の戦争
2. INDEPENDENT FRONT
3. KEIZAI
4. 堕落
5. 創造(新)
6. マーカッド・シティ・ロッカーズ(arranged)
7. 時間(新)

(新)のヤツは次回作収録予定曲。
呼んでくれたNot It? Yeah!、見てくれた方々に感謝。
無事たぎって出来たかと思います、ハイ。



篠原篤一さんとは、そう遠くない未来にまたご一緒します。



次回GOUPIL LIVEは、6月7日。
小岩BUSHBASHで演奏します。
deepcount、三上寛、マンホール
といった方々とご一緒です。
どうぞお見逃しなく!

それまでの間、レコーディングかな~?


 



最新の情報は GOUPIL WEB でチェック願います。

全音源は
bandcamp で聴けるのでそちらも是非!

2018/05/01

SEED

家から持ってきた線形の雑草に
真ん丸の小さな実(?)がついている。
名前がわからないな。