2018/05/23

帰ってきたヒトラー

棚で目についたので借りてみた。

『帰ってきたヒトラー』
(2015年デヴィット・ベント監督・ドイツ作品)

2014年にドイツに現れたヒトラーが巻き起こす騒動を
少々コメディタッチに。しかし核心もうまく描いている映画。
今風のYouTubeやSNSはヒトラーにとっては恰好の道具だ。
歴史は繰り返されてしまうのか ―?

2012年に発表されたベストセラーの風刺小説を原作にした映画。



いやあ面白い良い映画だった。
最初の辺は、(ちょっと日本人とは微妙にお笑いの感性が合わない)
ヨーロッパっぽいコメディなのかな、と思ったけれど。
後半に行くにしたがってなかなか引き込まれたね。
前半のちょっとドキュメンタリータッチなのもよかった。

移民問題の火種を抱えるドイツなんかだと
日本よりも生々しくドキッとする映画だったと思う。

ヒトラーはやはり国民が生み出してしまうのだ。
その辺もうまく描けていたと思う。

それにしてもヒトラー役の人、メイクで作っているとはいえ よく似てるなぁ。

0 件のコメント:

コメントを投稿