2018/11/10

ペーパームーン

けだし名画は出だしから名画である

オープニングの草原の葬式のシーンからもう心掴まれたね
白黒っていいなあ
音楽も最小限でほとんどないのが良いね

『ペーパームーン』
ピーター・ボグダノヴィッチ監督 / 1973年のアメリカ映画

カンザス~ミズーリの1930年代の中西部を舞台に
母を亡くした女の子と詐欺師男が繰り広げるロードムービー

ライアン・オニールとテータム・オニールの実際の親子の主演でお送りする
素敵な詐偽の数々
寸借詐欺的なやつ

ま、もちろんダメなんだけど
そんなに人を傷つける詐欺じゃない
誰も傷つけないペテンってちょっと魅惑的(笑)
佐村河内的な、ね?(笑)




見ようと思ったきっかけは
YouTubeで見た『松紳』で松ちゃんが
一番好きな映画にあげていたので

でも思い返すと
昔読んだ『Dr.SLUMP』で
これをパロディにした扉絵があったから
なんとなくイメージは知っていた

英語の勉強になったのは
"ホットドッグ" は "コニーアイランド" と言ってるみたい

"Eat your conny island!"
(綴りは合ってるかわからんけど笑)


これからの時代のペテンをするなら
「機械をペテンにかける」路線だろうな(笑)


面白い映画だった



(一昨日の夜に鑑賞)

0 件のコメント:

コメントを投稿