2018/12/30

Akino Arai "Electric Sheep"


新居昭乃さん
LIVE 2018 "Electric Sheep"
@ヒューリックホール東京

ああ素晴らしかった
今回は2重のスクリーン投影のステージ
贅沢な至福の時

2~3曲知らない曲があったな
アレンジ丸ごと変えてる曲もあったり しかもかっちょいい
"電気羊"にSFな映像、よっぽどブレードランナー好きなのかな(笑)

"なるべく努めていいものに触れるようにしてきた
負のパワーはすごいから"
的な、今年の自分とリンクする話もしていたな

アコースティックはもちろん良いけど
ほんとエレクトロニカな音と相性がいいな
まったくもって神である

いやあ良い年を迎えられそうだ

今回で2度目の昭乃さんライブ
一昨年、上野の野外で見た時も寒かったけど
今日の有楽町もめっちゃ寒かったなあ
夕暮れ、外の電光温度計は6℃の表示だった
そして有楽町には俺が気軽に食える店がない(笑)



なんか年の瀬になると
普段行かない東京に出かけることが多々あるな
山下清展見に行ったりしたのも年の瀬だった


そんなこんなで2018年のZUGAもおしまいっ!
みんな良いお年を!

2018/12/28

サウンド・オブ・ミュージック


出た!
久々の「インターミッション(途中休憩)」あり映画(笑)
3時間弱の長丁場映画
ちょっと夕飯挟みつつ鑑賞

『サウンド・オブ・ミュージック』
1965年のアメリカのミュージカル映画

"実話をもとにしたミュージカル"をもとにした映画とのこと
ナチスが台頭してきたころのオーストリアでのお話

なるほど~
こういう映画だったのね~
"映画"らしい映画で面白かった

小学校の時リコーダーで吹かされた気がする
「エーデルワイス」ってこの映画の曲だったのか~

JR東海の京都のCMで流れるあの曲も
この映画の曲だったのか(「私のお気に入り」という曲)

「ドレミの歌」を聴いてると
ヨーロッパじゃ"シ"を"チー"か"ティー"って言ってるっぽいな

などなど色々勉強になりました(笑)

俺も社交界で踊れるようにしておいた方がいいかな?
大人のたしなみとして(笑)

ジュリー・アンドリュース演じる主人公のマリア
テンション高くていいなあ
こんなキャラの人がバンドに入ってくれたら
華があるだろうな(笑)

ミュージカル映画ってみんな歌うめえな(笑)
音痴が出てくるミュージカル映画とかあったら笑えるかもな



てなわけで今年の映画鑑賞はこれがラストかな?
ほんとはこれと一緒にSF映画の『フィフス・エレメント』を借りて
年末休みに見てから新年を迎えるはずだったのに
TSUTAYAで誰かが借りてて返しやがらねえ(笑)
誰だ、延長だか延滞だかしてるヤツは

年明けあたりに映画館の安い日に
『ボヘミアン・ラプソディ』見に行ってみようかな~
なんても思ってたり


来年はどんな名作に出会えるのでしょうか
ではまた来年~
ここのコーナーでお会いしましょう
サヨナラ、サヨナラ、サヨーナラ

2018/12/27

川のいきもの

誰なんだこいつは?

でもこいつに言われちゃしょうがない
心がけるしかない


(携帯に保存されていた 道すがらの写真の小ネタ)

2018/12/25

BOSS コーラス CE-3

コーラス届いた!!

と言っても
サンタさんからのクリスマス・プレゼントじゃあございません
自腹です
強いて言えば佐川急便からの(笑)


ヤフオクにて5000円弱で競り落とす

そうそう、これこれ、この音!
やっぱBOSSだな!
変なノイズもないし流石です
Roland大好き!

ヴィンテージにしてはかなりキレイだな
さあ、NCTC録音で使うぞー

2018/12/24

Flyer

平成最後のコラージュ

答え合わせのお時間です!
君はいくつわかったかな?


1 - 終わりゆく平成
2 - 「はやぶさ2」3億キロ先のリュウグウ到着
3 - 7月西日本・東海 豪雨
4 - 6月18日 大阪府北部で震度6弱
5 - TOKIO山口メンバー強制わいせつの疑いで書類送検
6 - 元モーニング娘吉澤ひとみ飲酒ひき逃げで逮捕
7 - 中国の研究者が遺伝子を改変し双子が生まれたと主張
8 - アメフト 日大が関西学院大へ反則タックル
9 - 紀州のドン・ファン
10 - 9月6日 北海道震度7 「平成30年北海道胆振(いぶり)東部地震」
11 - 日ソ首脳会談 北方領土問題に新展開 "2島返還"の決断か
12 - 日産カルロス・ゴーン会長逮捕
13 - 米朝首脳初会談
14 - 安田純平さん解放
15 - 池の水抜きまくり
16 - 羽生竜王国民栄誉賞受賞決定
17 - 羽生結弦オリンピック金メダル
18 - 大坂なおみ テニスの全米オープン女子シングルス優勝
19 - 沖縄県知事選 玉城デニー氏当選
20 - 卓球愛ちゃん引退発表
21 - 大谷翔平二刀流
22 - 爆毛赤ちゃん
23 - 石破茂自民党総裁選出馬&安倍に挑むも敗北
24 - 麻原彰晃松本智津夫死刑囚らオウム元教団幹部7人の死刑執行
25 - 学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書改ざん問題
26 - 台風12号ジョンダリ 7月変な進路で到来
27 - コインチェック巨額資金不正流出
28 - 宮崎の高千穂町の住宅で6人の遺体
29 - 俳優の大杉漣さんが急性心不全で急死 66歳 
30 - オフィス北野 たけし事務所独立騒動と軍団の行方
31 - オフィス北野 たけし事務所独立騒動 森社長
32 - 加山雄三さんの愛船「光進丸」 静岡の港で炎上
33 - 浜ちゃんエディ・マーフィー
34 - 小室哲哉引退
35 - 札幌爆発42人けがスプレー缶大量廃棄でアパマンショップ吹き飛ぶ
36 - 草津 白根山噴火
37 - 上沼恵美子激怒
38 - ジュリーさいたまスーパーアリーナ 当日キャンセル
39 - よしきくん発見のスーパーボランティア尾畠春夫さん
40 - 樹木希林75歳逝去
41 - 阿波総おどり問答
42 - 前国税庁長官 佐川宣寿氏
43 - 反則タックルの日大 内田正人監督
44 - 反則タックルの日大 宮川泰介選手記者会見
45 - 福田財務次官「おっぱい触っていい?」
46 - 伊調馨にパワハラ告発された栄和人強化本部長
47 - 栄和人強化本部長をパワハラ告発した伊調馨選手
48 - 日本体操協会パワハラ騒動 塚原夫妻
49 - 日本体操協会パワハラ騒動 宮川紗江選手
50 - 杉田水脈「LGBTは生産性がない」発言
51 - 星野仙一さん逝去 70歳
52 - さくらももこさん逝去
53 - 高畑勲監督逝去
54 - 「高輪ゲートウェイ」山手線新駅名称決定
55 - タイ洞窟に少年ら13人が閉じ込められる
56 - 評論家・西部邁さん死去  多摩川で自殺か
57 - スティーブン・ホーキング博士死去
58 - 大相撲巡業で物議  土俵上で倒れた舞鶴市長を救命の女性に「土俵下りて」アナウンス
59 - 平昌冬季オピンピックパラリンピックと北朝鮮女性応援団
60 - 徴用工
61 - 働き方改革
62 - 台風21号 橋にタンカー衝突
63 - BUZZCOCKSピート・シェリー63歳で逝去
64 - 西城秀樹お亡くなり63歳
65 - ザ・ベンチャーズノーキーエドワーズ82歳で逝去
66 - 歌丸さん逝去 81歳


多いよ!(笑)
阿波踊りの踊り子さんたちにも顔を貼ってたりするからね

興味がなさ過ぎて
サッカーWカップ2018ロシアの画像入れ忘れた(笑)
ZOZOTOWNのおっさんも入れ忘れたけどどうでもいいか!

画像切り抜いてて思ったが
高畑勲監督はバカボンのパパにすごく似てるな

ちょっと死者が多いな
俺的には「爆毛赤ちゃん」がMVPだな

"アパマンショップ大爆発"じゃないけど
年の瀬になるとこういう事件が発生するな
一昨年2016年には新潟の糸魚川の中華料理屋の大火災とかもあったしねえ
冬は乾燥して火事も多いし、皆さんも火の元には気をつけて
(さすがにスプレー缶のガス抜きはしないと思いますが笑
 や、マジで凄すぎるわアパマンショップ笑)



さあ、来年はどんな年になりますやら?
てか年号は何になるのかしらん

2018/12/23

Flyer

"2018年のコラージュ"

(コラージュ)

2018/12/22

紅葉

駅への道すがら
12月も終盤だってのに
ものっ凄く紅葉している木があった
池のほとりで見頃です



2018/12/21

ザ・クラッシュと海援隊ほか

実家に持ってるのにまた買っちゃったシリーズ

THE CLASH 『SUPER BLACK MARKET CLASH』
THE CLASH 『LONDON CALLING』


『SUPER BLACK MARKET CLASH』
これ何気に名曲揃いなんだよな~
初期のカップリング曲とかその辺がたっぷり入ってて
好きな曲がいっぱい

『LONDON CALLING』は言わずもがなの歴史的名盤でございます
しっかし19曲入りかぁ
この頃はよっぽどバンドの調子が絶好調だったんだろうな

でも2枚目の購入だけどちゃんとバージョン違いで買っている(笑)
実家にあるのが国内盤だったら輸入盤を
旧盤だったらリマスター盤を
ってな具合に



そして武田鉄矢のいる海援隊まで...(笑)

海援隊 『全曲集』

こないだフリクションを見に高円寺に行った時、ブラブラ歩いていたら
駅前の居酒屋"大将"のスピーカーから「あんたが大将」が流れていたのを久々に聴いて
欲しくなってしまった
前にME NO HOYOUでも取り上げたけど、嫌いじゃないんですこういう曲(笑)むしろ好き

「あんたが大将」は曲の終わりが「あんたが大将ゥッ!」とぶった切る感じで
なかなか初期パンクな終わり方だった(笑)

金八先生の「贈る言葉」はもちろん、全17曲の代表曲入りのベスト盤
(イントロを聴くとガキ使の"熱血浜田塾"を思い出してしまう)

ベスト盤の中には「俺が信長」なんて曲や、歴史好きの武田鉄矢らしく、
黒田勘兵衛を熱く歌った曲までバリエーション豊か(過ぎる笑)な曲が入っていた
信長を歌にしたのはギターウルフの迷曲「マグマ信長」が世界初かと思ってたけど
海援隊が先に歌ってたんだな

結構自由だな海援隊(笑)


海援隊は3人組のフォークグループだから当然みんな歌えるんだけど
中でも中牟田俊男さんがいいなあ
前に見た武田鉄矢主演の映画『刑事物語』の中で使われていた
「陽射しに灼かれて」という曲を中牟田さんが歌っていて
いい声と曲と歌詞だなあ~と思って結構気になっていたら
このベスト盤に唯一入っている中牟田さん歌唱の「涙がらがら」という曲もいい曲だった

声がいいなあ
歌詞もいいな
男の哀愁をにじませる歌詞がたまらない



どれもこれも数百円でGET



さらに(笑)
1枚目の写真右側の3枚

アナログ盤を持っているから
という理由で相方からもらってしまった

THE STOOGES 『THE STOOGES』
THE STOOGES 『FUN HOUSE』
PIXIES 『SURFER ROSA』

どれもこれも必聴盤である



さらにさらに(笑)

野中英次 『野中英次短編作品集 赤い空 白い海』 (講談社)
こんな本が出ていたとは!
渋~い表紙だけどゆる~いギャグマンガです

『課長バカ一代』『魁!!クロマティ高校』の野中英次の
2010年に出版された1冊
amazonの古本で90円だった(送料は350円だったけど笑)

相変わらずの"のなー"の世界
私は好きなのである


げ、現場からは以上です!

2018/12/20

マジェスティック

予告通り、今宵も上映
今夜は、、、

ジム・キャリー主演 2001年の映画
『ザ・マジェスティック』

借りたのはネットでの評判が良さげだったから
2時間半超えの長めの作品だけど
長さを感じさせず楽しめた
ジム・キャリーさんの映画も見るのは初めてだな

ちょっとオイラの泣けるツボではなかったけど
おそらく泣ける人には泣けるのかもしれないヒューマン・ドラマ
なかなかよくまとめたなあ、という感じの筋書きで飽きさせない展開ではあった


それにしても『ニュー・シネマ・パラダイス』といい、
なんで昔の映画館ってこんなにノスタルジーを掻き立てるんだろうか

2018/12/19

椿三十郎

今宵も私の部屋は映画館
白楽名画座

今夜の1本はこちら

黒澤明監督
『椿三十郎』
(1962年作品)


ラストの鋭いシーンはもちろんのこと
筋書きが見事だね

いやあカッコいいなあ
こんぐらい刀も切れるが頭も切れる侍になりたいもんだね

三船敏郎はもちろん、仲代達矢もカッコいいし
まさか若き日の加山雄三が出てるとは思わなんだな
「岡目八目」って言葉が勉強になった(笑)


TSUTAYAの棚で衝動借りしたため
順番が逆になっちゃったけど
この作品は『用心棒』の続編にあたるらしいから
今度そっちも借りてみなくちゃ



白楽名画座
明日も上映するよ!(笑)
 

2018/12/18

東京物語


「行ってまいります」
「どうしてなんですの?」

言葉遣いが丁寧!!(笑)


小津安二郎監督作品
『東京物語』(1953年)


THE STOOGESの映画と一緒に貸してくれた
すごいコンビネーションだ(笑)
THE STOOGESと小津安二郎を同時に貸してくれる相方のセンスに脱帽だ!(笑)


これはいい!
とても良かった
俺に言われるまでもなく名画であるよ
4~50代になってから見たらさらにグッとくるかもしれない

小津安二郎作品
まだ見たことがなくって
白黒映画の時代の巨匠だし
もっと教科書的で真面目で退屈な作品なのかななんてイメージを持っていたけれど
ところがとっこい!!

人間や家族の普遍的で不変的なテーマが描かれていて
こりゃ時代を超えるわけだわ、と膝を叩いた次第
俺が言うまでもなく名作ってことなんだろう

「あ~ ゆかい ゆかい」


とかく
物質の交流は易く
心の交流は難し

死を迎える一瞬まで
力の限り、力いっぱい
生きて生きて生きるしかないんだってこと

血を継いでいればそれだけで"家族"なのか
という普遍的かつ不変的なテーマだね


いつの時代も同じだな(笑)

いつの時代も人のために生きるのは難しいってことだな
みんな自分のことで手いっぱいなんだ


そんなことを見ながら思った



古い映画だけど映像きれいだなあと思ったら
デジタルリマスター版なんだな

また映像が丁寧で画面が綺麗ね(画質のことじゃなく"画面"の画が)
なんでも何気ないカットの小道具の高さを揃えたり
みたいな話は小津監督の逸話だったっけか?

このシーンとかも障子なんかの線の位置が揃えてあったりする


尾道の広島弁も勉強になりました

「アリガ↑ト↓」
「やっきゃあ(厄介)になって」

『仁義なき戦い』といい
広島っていう場所は土地柄的に
映画のインスピレーションを与えてくれる場所なんだろうか


いや~良かった




2018/12/17

循環バス

わーい!
届いたー!

イースタンユース久々のレコード
7インチシングル 『循環バス』

この間の物販では売り切れだったので
ネットで購入

なぜ2枚もあるかって?
これは相方の分である!
フッフッフッ


相方は最近またレコードで聴くことが多いらしく
自作キットの真空管アンプを取り寄せて組み立てたらしい
説明書通り10時間かけて!

いい音がするんだろうな~
うらやますぃ~
タダでくれないかな(笑)

2018/12/15

AOSAGI

アオサギが飛来した

去年の方だろうか

いつまでのご滞在で?



(どこにいるかわかるかな?
 携帯で撮ったら指が写ってしまった笑)

2018/12/13

Raw Power

結局また買ってしまった(笑)

IGGY AND THE STOOGES
『RAW POWER』

実家にもあるというのに
しかもどちらもイギーの爆音ミックス盤だ

寝起きに聴けば目覚めもバッチリだろ(笑)


来月で閉店の横浜のレコファンにて
540円で購入

2018/12/12

マイ仏教

突然MJを読む
やっぱいいなあMJは

『マイ仏教』
(新潮新書)

みうらじゅん流に仏教を説いた良作

そういや俺もお寺が経営する
男子校の中高一貫校だったから
何気に似た境遇なのかもしれない

そこもやっぱり
この本でも書いてあるように
仏教が好きで入ってきた生徒なんて皆無だったな


ていうかみうらさん
絶対ロッカーで成功したかった時とかあったんだろうなあ

人生って面白い

2018/12/10

フリクション - 2018 LAST GIG "DIGGING"


師走はライブづいております
今季一番の冷え込みの日
夕方出かけて東京へ


2018.12.10(月)
フリクション
@高円寺HIGH

『KOENJI HIGH 10TH ANNIVERSARY
  FRICTION 2018 LAST GIG "DIGGING"』

この前見逃したから
今度は見逃さなかったよ(笑)
なんでまたフリクションがちょこちょこライブをやり出したのか
理由はわからないけれど、多分にRECK氏の気まぐれによるものだろうか?(笑)


高円寺の駅で降りたのも今はなき20000Vでライブやった時以来だな
久々にPAL商店街をブラついたり、20000V跡地を眺めたり

高円寺HIGHも昔GOUPILで出たことがあってしかも特別な思い出がある場所だ
ここもその時以来だ
HIGHが出来たばかりの頃出ていて、今回がHIGHの10周年イベントらしいから
もう10年も前の話か
時の経つのは早いもんだ

もちろんワンマン
満員の会場の中
20時過ぎスタート
早めに入ったのでかなり前の方で観る

いきなり頭からTHE KINKSの「YOU REALLY GOT ME」から始まり
「MISSING KISSING」「100NEN」「PISTOL」となだれ込んで行く
ベースアンプとギターアンプ(ローランドJC-120)を同時使用
ベースは(おそらく)Epiphoneで、真っ赤なセミホローボディのタイプ

覚えてる限りだと
「CUSHION」「HEADOUTHEADSTART」
「THE HEAVY CUT」「DEEPERS」「CHOKE」などをやっていたな
中盤で(俺的にタイムリーな)THE STOOGESの「SEARCH AND DESTROY」も炸裂!
今回は「REPLICANT WALK」とか「GAPPING」はやらなかったな

「ZONE TRIPPER」で本編締めてアンコールへ
アンコールは
「CRAZY DREAM~BIG-S~CRAZYDREAM」のメドレーなアレンジから
トドメにジミヘンの「FIRE」!

終了は22時ちょっと前くらい


会場が小さめなせいか
ちょっとした機材不調での中断のせいか
はたまた多少お年を召されたせいか(失礼)
今まで見た中で一番RECKの人間らしさが感じられたライブだった
普通に話してたし、観客の呼びかけにも普通に応えていたり

にしても、あの歳で出せる音じゃねえぜ
RECK氏の同世代で今もあんなに尖ったライブが出来る人は
いない、とは言わないけど相当少ないんじゃないだろうか
"自由奔放"そのもののドラマー、中村達也氏がいるおかげも大きいと思うけど

"俺をギターで入れてくれればいいのに" なんて妄想もちょっとしたりしたもんだけど
久々に見たらあの二人の音の塊にはもうギターの入るスペースはないな(笑)

ああ、最高だった
ロックンロールだね


今月はもう1本見に行くチケットを買ってある
てか見てたらライブやりたくなった!

2018/12/08

ey - 極東最前線 巡業 2018 ~石の上にも三十年~


見に行って来た

イースタンユース
『極東最前線 巡業 2018 ~石の上にも三十年~』
@渋谷O-EAST

いや~
良かったな~!

結成30年を迎えたeyのツアー
今日が最終日
ご本人たちは大袈裟に30年とかあまり言わないけど
ひとつのバンドが30年続くって凄すぎることだよ
30年だよ、30年!
(てか俺が小学生の頃結成されてたのか笑)

ライブは
「ソンゲントジユウウ」からスタートして
各時代の曲から満遍なく のオールタイムベストな選曲

ひっさびさに聴けた「地下室の喧騒」や
「雨曝しなら濡れるがいいさ」

"ドアを開けないと何も起きないし誰とも出会えない
ドアを開けていきましょうよ!"
という力強いストレートなMCからの「ドアを開ける俺」
これも『其処カラ何ガ見エルカ』発売時のライブで
聴いていたとしたら、それ以来な感じだ

「砂塵の彼方へ」もいつ聴いても凄まじい

アンコールは2回やってくれて
ey史上最長の曲「テレビ塔」と
「踵鳴る」(村岡さんよくこのベース弾けるな~)の
トドメでライブ終了!

ニューシングルの3曲目の
「歩いた果てに何もなくても」をやってくれなかった(笑)
すげえ聴きたかったのに~

あとやっぱ田森さんが喋ると異様に盛り上がるという(笑)
ツアー最終日は喋る確率が高いようだ(笑)

(ちなみに物販の先行発売7インチは売り切れで買えなかった)

その後、ハウシンカ永田氏と合流して一軒め酒場へ
もはやey観戦後の恒例となりつつある飲み
近況報告したり 陽気に飲んで喋って帰る

吉野さんがMCで"会計が2500円以上する酒場では飲まん!"的なことを言っていたけど
偶然にも割り勘で2400円くらいだった(笑) めでたしめでたし





2018/12/06

GIMME DANGER


いや~
ザ・ストゥージズ最高だな!
相方、平野君が貸してくれたDVDで観る


『GIMME DANGER ギミー・デンジャー』
ジム・ジャームッシュ監督 / 2016年作品

イギー・ポップ率いるザ・ストゥージズの
歴史を記録したドキュメンタリー映画である

やっぱ凄げえぜ ザ・ストゥージズ



やはり荒くれた野性的なイメージから
本能だけで演奏してるようにも見えるけど
元々イギーもやはり音楽好きで
実験的なものやフリージャズなど、吸収してきた
様々なものを試してみて辿り着いた音が
あのワイルドでロックなザ・ストゥージズのサウンドだったんだ

『ロー・パワー』の前と後でメンバーの流れがわかりにくかったのは
ロン・アシュトン(兄)がギターからベースに替わってたせいだったのか
ようやくザ・ストゥージズの全貌が掴めたよ
あと、同郷(と言っていいのかな?)のMC5との関係性もよくわかった

ジョニー・マーもそのフェイバリット・ギタリストに真っ先に挙げる
ジェームズ・ウィリアムスン
その真価を発揮した『ロー・パワー』はジェームズ・ウィリアムスンの
アルバムと言ってもいいほどのハイ・エナジーのギター・アルバムだ

ザ・ストゥージズを抜けた後、シリコンバレーで電子工学の世界で会社員となって
最終的にはソニー・エレクトロニクスの技術標準化担当副社長になってた
ってのにはビックリしたけど(笑)

再結成(イギー曰く"再統一")するまで
"30年間ギター弾いてなかった"ってのも凄い(笑)
本当に音楽人生を終了してたんだな

そういや、『ロー・パワー』の「SEARCH AND DESTROY」はグーピルになる前のバンドの時にコピーしたな
ベタだけど(笑)ありゃあ名曲だ

イギーの音楽キャリアのスタートがドラムだったってのも初めて知った










若い頃のイギーの端正な顔つきたるや

透き通る青い目
そして時折見せるいたずらっ子ような屈託のない笑顔

イギー、けっこうお茶目な男である

そしてたぶん頭も良く、何より自分に正直な男だ

そして
ドラムのスコット・アシュトン(弟)の"ジルジャン"のキャップのダサさ(笑)

(雰囲気もちょっと いかりや長介みたいだ笑  失礼)




もう1回観ようかな