2019/08/21

ねぷた旅 2 ~緊急地震速報鳴る~


時は西暦2019年
8月4日、日曜日



バイトをちょっと早めに切り上げさせてもらって(笑)
17:16 横浜駅よりいざ乗車!


京浜東北線の線路確認の影響で東海道線も遅れが出てたみたいだけど
時間通り発車

東海道線のホームより「JR快速アクティー宇都宮」行き
いきなり2時間半近くの乗車だ
でもこれ1本で宇都宮へ行けるなんて凄いな
(東京から先は、乗ったままで「JR上野東京ライン」に変化する)



夕方の光の中を
ぐるぐる回る山手線を横目に
ぐんぐん飛ばして走る快速アクティー
東京からそのまま上野東京ラインになり
首都圏を振り切って走れ



見てくれと言わんばかりに太陽が西の地平に沈む時
電車は「東大宮」を過ぎ「白岡」あたり
まだ18:32 毎日ある日没が今日は特別なものに見えた

電車は走る
途中居眠りもしつつ...




と!
ここで!

19:24
終点「宇都宮」の3駅手前
「自治医大」駅を過ぎたあたりで
俺のガラケーが緊急地震速報を受信する
が、俺を含め周りの乗客の皆さんのスマホからアラームは聴こえてこない
(地震警報アラームってほどではなかったってことなのかな?)


ガラケーを見てみると
「福島県で強い地震がありました」とのこと
(ガラケーなのでそれしか情報がわからん笑)



ていうか

おい、俺が今から行こうとしてるとこじゃないか!


大丈夫かな?
ま、旅にはアクシデントがつきものですから
にしてもすげえタイミング(笑)

あとからの情報によると
どうやら福島あたりで震度5弱だったらしい


とりあえず2時間半の乗車で「宇都宮」駅無事到着



19:45 JR宇都宮線に乗り換えて終点「黒磯」へ


「黒磯」到着&乗り換え
場所的には栃木県那須塩原市

20:42
ここからはJR東北本線だ
「新白河」行きに乗り込む

ちょっと安全運転しつつ 21:06頃には「新白河」到着




で、ホントはここで21:11発の「郡山」行きのJR東北本線に乗り換えるはずだったのに、
案の定(笑)来ません

地震の影響で途中の各駅で足止めを食っているみたいです
ま、そりゃそうなるわな
構内アナウンスによると、どうやら1時間くらいしたら来そうな感じ


来るなら、ま、いっか!(笑)
今日のラスト乗り換えの線だったからよかったようなものの、、

まあ、おたおたしてもしょうがないので
ここはどっしり構えて、横浜で買っておいたおにぎりでも食いましょう
待つのは得意だ!(笑)
ということで、「新白河」の改札外のテーブルでのんびりお食事タイム


おにぎり2個とチョコパイ
(写真には写ってないけど、もちろん同じく足止め食った人も少々おりました)

(今回は"青春18きっぷ"じゃないんだぜ~)


時間を潰したあと
プラットホームに戻り到着を待つ
プラットホームには虫の音と
時々駆け抜ける弾丸のような新幹線の音だけ
姿は見えない



(私には、持って来ておいた横溝正史『本陣殺人事件』という、待ち時間の心強~い味方が
ある 笑 今回の旅で無事読み終えられた 面白かったなあ 色んな殺し方があって)



おっしゃ、来たっ!



無事、JR東北本線「郡山」行きに乗る

予定より遅れること約1時間20分
23:08 「郡山」到着



郡山はGOUPILで何度かライブに来たこともあり
多少は勝手知ったる駅前だ

ここには対バンなどで何度か世話になった
荒川くん(元(?)Redd Temple,現ジャンプス)の
やってるスタジオティッシュボックスがある


記憶を頼りにたどり着いたティッシュボックス
あ、灯りがついてた(笑)いるっぽいな
せっかくだからと柄にもなく顔を出してみる
もちろんアポなしだったからさすがにちょっと迷ったけど(笑)

押し掛けて2時間近く談笑
荒川くんが最近ハマっているという横山光輝をはじめ
なぜか少年マンガ話(笑)



荒川くん、オレンジジュースご馳走様でした(笑)




1時くらいにお暇して
駅前のビルの中のネットカフェ自遊空間にて
宿泊っちゅうかリクライニングチェアで寝るっちゅうか仮眠(笑)



~つづく


2019/08/20

ねぷた旅 1 ~出発~


ほんじゃ
いっちょ振り返ってみますか
クレイジージャーニー(鈍行列車旅)(笑)



やっぱ2~3年経つとまたどっかひとり旅したくなるな~(笑)

てなわけで さらにここんとこなんか人間椅子聴いたり本読んでたら
ムクムクと彼らの故郷であり創造の源泉にもなっているであろう
「弘前ねぷた」が見たくなってきて


令和元年の夏の旅は

ねぷた旅」!!

と相成りました次第



あ、先に言っておくと
ご存知の方もおられるかもですが
一般に"ねぶた祭り"と言いますが

あの祭り、

青森の方が 「ねぶた」NE"B"UTA



弘前の方が 「ねぷた」NE"P"UTA



今回は見なかったけど
五所川原の「立佞武多(たちねぷた)」を合わせて
「青森三大佞武多」と呼ばれているそうです
テレビなんかの映像でよく目にするのは「青森ねぶた」ですな


~~~


そんな「弘前ねぷた」
そもそもちょっと興味があったところへ
JRの駅で"ねぶた"の写真が表紙の「青森・函館の旅」的なパンフレットを手に取ってしまったもんだから、沸々と行きたい気持ちがつのってしまうのも無理もない、といったわけです

(これがそのパンフレット / 左のは旅の途中 五能線車内で手に入れたもの)


で、そのパンフレットを手にしたのも
ごくごく最近の話だったし、俺も急に旅に行きたくなる"計画性のなさ"だし(笑)
得意の「行こうかな?やめとこかな?」と、決めあぐねる日々だったので(笑)
結局きっぷを買ったのが出発前日というギリギリっぷり
(別に買った指定席券に至っては当日購入 笑)

決めあぐねていた理由は一応あって、
もちろんあらかじめ色々な情報をネットで調べてたわけだけど
どうやら青森の最大の観光イベントであるこの祭りの時期は
宿泊の場所も半年前、1年前とかから予約しないと無理みたいで
「どこ泊まろう?てかどこで夜を明かそう?」
「そもそも交通手段は何で行こう?」「電車?夜行バス?新幹線?」
「やあ、でも夜行バスも座席埋まってるしこの時期高いなあ。お盆の帰省の時期でもあるしなあ」
(あ、ちなみにこの"ねぶた祭り"たち、どこも押しなべて8月の頭の1週間に行われる)
「新幹線はもっと高いから無理だし、2~3万円の費用で抑えたいからなあ」
などとキメアグネテおりましたところ、、、



そんな時にネットの誰かの旅ブログで知ったのが
JRの北海道&東日本パスってヤツだった

これは「青春18きっぷ」と似てるっちゃ似てる切符で

・北海道と東日本のJR全線
・青い森鉄道線
・IGRいわて銀河鉄道線
・北越急行線の普通列車

以上の「普通車自由席」と「BRT(バス高速輸送システム)」ってのが
1週間乗り放題で10850円也

いつでも売ってる切符じゃなくて、シーズン期間あり、の
特別料金のかからない"在来線"たち用の切符

ただし、飛び石な感じで使えた「18きっぷ」とは違って
これは「1週間」ぶっ通しでしか使えない


こりゃイケる!ちゅうわけで交通手段はこれに決定~♪

しかし、こういう誘惑的なアブナイチケットが
普通にJRの改札の券売機で買えてしまうのが怖い(笑)


~~~



さて、本題へ(笑)


路線にもよるんだろうけど
鈍行で一気に行くと横浜から青森まで16時間くらいかかります(笑)

今回は行きも帰りも鈍行で行きますし、
しかも同じルートなので、なかなかしんどいので
とりあえず、行きはひと休止入れて
2日かけて青森を目指すことといたします!

まずは初日は「郡山」を目指します
郡山のネットカフェを目指します(笑)


それでは旅の始まり始まり~♪



(前フリが長い!笑
 あとは写真でバババッと行く予定であ~る)

2019/08/19

ナンバーガール ギタマガ9月号

そして、当然買うでしょう(笑)

ギターマガジン最新号



ギターってほんとにカッコいい楽器なんだぜ!

2019/08/18

ナンバーガール @日比谷野外大音楽堂

またナンバーガールが見れることになるとは思わなかった
17年ぶりの再結成

令和元年夏

2019.8.18
TOUR『NUMBER GIRL』
at 日比谷野外大音楽堂

最高だった
遠い昔をフラッシュバックさせるが
確かにこれは現実なんだ
2019年に俺はナンバーガールを目撃しているのだ

東京霞が関の夜空に田淵ひさ子のギターが咆哮する
"OMOIDE IN MY HEAD"は本編とアンコールになぜか2回やった(笑)


陳腐になるから拙い感想はやめておこう
年末あたりで11~2本の全国ツアーに出るらしい
そして東京では2本やるみたい

今度見れたら"BRUTAL MAN"が聴きたい


そしてもし可能であればいつか新作を作って欲しいな
この4人が集まって作れば必ずどえらいロックなものが
作れるに違いないから



(そして何よりも、強運でチケットを当てた友に感謝!ありがとう!)







新橋駅前34℃
暑い夏の一日だった

2019/08/08

BACK FROM 青森


あ~ 最高だった

夏の旅はいいな
日本の夏を満喫して、体を旅情で満たしてきた(笑)


日本海を背に千畳敷の海岸にて立つ!


「青森ねぶた」 と 「弘前ねぷた」 の祭りの"ハシゴ"をメインにした、青森をめぐる旅
日本海の絶景ひとり占めの露天風呂も最高だった


写真も動画も撮りまくったので
落ち着いて時間ができたら
またここに旅日記でも載せよう

いっぱい撮ったから動画で1本
日本カセットテープクラブのMVが作れるな(笑)
どの曲にするかは決めてある(笑)


あ~、いい旅だった

2019/08/03

北海道&東日本パス

買ってしまった...



また 旅だ(笑)


今回の行く先は北の方
"青森" だ!!



また日本の広さを味わうのか...(笑)
乗車は明日の夕方
バイトが終わったらそのまま旅立ちだ

乞うご期待(?)

2019/07/31

MAD MAX: FURY ROAD


あっちいからマッドマックスでも見るか!


『マッドマックス怒りのデスロード』!!




うわあ
もっとあちー!

見るの2度目だけど
やっぱ最高だな(笑)





後からエフェクトで色付けてるのかもしれないけど
空の色が好きだな、この映画

今回見たらフュリオサの慟哭シーンはちょっとホロッときた


この作品を機に、3部作になるみたいな話があったけど
頓挫したままなのかな~
続編を見たいぜー!

2019/07/30

暑中見舞い 2019


        暑 中 見 舞 い 申 し 上 げ ま す

                      2 0 1 9  夏  Marrcad Ltd.




とても暑いですから皆さん無理せぬよう

2019/07/29

『リヤカー引いて世界の果てまで』

ある日の有隣堂

買いたい本を持ちレジに並んでいると
数人前に『月刊ムー』を抱えた男性が...

やっぱり『ムー』を買う人は
見るからにモテなさそうだなぁ...

と、そんな失礼な思いを浮かべた私が手にしていたのは


吉田正仁 著
『リヤカー引いて世界の果てまで
 地球一周4万キロ、時速5キロのひとり旅』
(幻冬舎文庫)


という本だった(笑)

昼休みの"本屋眺め"で
たまたま目について"こりゃ面白そうだ"と思って買ってみた

4年半をかけて相棒のリヤカー(!)とともに
徒歩で世界1周分の4万キロを踏破した"ニート"の男が書いた旅の本
当然、実話のドキュメント本
アジア、ヨーロッパ、北米、オーストラリアなど
巡った国は33ヶ国にのぼる、とのこと

もう表紙の写真からして
まるで莫賀延磧(ばくがえんせき)を行く三蔵法師みたいだな


男として
生きる意味に思いを馳せて無謀にも思えるドデカイことに
挑戦したくなる気持ち、わかるわ~(笑)

著者は1981年鳥取生まれの方
オレと似たような年だから尚更(笑)


のんびり読ーもおっ

2019/07/28

よみがえる青春



先日 アベフトシの命日(7月22日)に
復刻版としてし発売されたアベフトシ本

もう10年も経つのか

様々なインタビューや写真で読ませるね
永久保存版ってヤツだ
(最初に出た時は、便乗商売に思えてあざと過ぎてたしか買わなかったんだと思う
 「アベフトシはまだ死んでないよーだっ!いーっだっ!」って内心思ってたのかも笑)
(今回横浜のタワレコで買ったらおまけでハガキ付いてた)


余談ではあるが
俺の中で 男でピアスをしていいのは
アベフトシとジョニー・マーだけ(笑)

2019/07/27

NCTC6 制作風景

いつもの制作風景でございます

今回の盤面の一筆入魂は
「イエローFSイスラエル砂漠迷彩色」に「エメラルドグリーン」の配色






いやあ良い仕上がりになりましたな
今の時期にぴったりの夏らしい仕上がり