2019/02/11

TASCAM VL-S3

よしっ!

それっぽくなってきた!(笑)

DAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション)と言うのか、これ?(笑)


KATAKOTOでの予告通り
相方の許可を得て(笑)
購入してしまいました

ネットで調べて
わりとすんなり"これだな!"と決まったスピーカー
なぜなら安かったしレビュー評価もなかなか良かったし
なんてったって長年のTASCAM愛用者だから(笑)


『TASCAM VL-S3』

amazonで7591円でありました
ご覧の通りかなり小型で場所も取らないのね
電源アダプターでの供給なので要電源
ちょっとだけ高いBluetooth付きとちと迷ったけど



そもそもモニタースピーカーとは何ですか?
普通のスピーカーと何が違うんですか?
という方に説明しておくと...

まあ簡単に言えば、音源の原音の音質を忠実に再現してくれるスピーカーですな
普通のスピーカーはあえて迫力を出すために初めから、低音を強調したり、中音を豊かにしたり
高音をはっきりさせたり、とクセを付けて特色を出しているわけです

普通に普段聴く分にはそれでいいのだけれど
音源を作る時、音質を原音のまま正確に把握したい、という製作側にはそのクセが邪魔になってくるわけです
それを把握しないと、俺の聴いてるリスニング環境では最高なのに、他の人の環境で聴いたらショボかったってなると困るってわけね

もちろん普通のスピーカーとしても全然使えます(と思う 笑 まだ試してないからわからんけど)



PIONEERのミニコンポのスピーカー
BOSEの卓上スピーカー
今回のモニタースピーカー

部屋の中に
スピーカーが3セットもあるのはどうかと思うけど!(笑)


ま、いいや

マーカッド・リミテッド WHITE JOY BASEのミックス環境も整った
これで各ミックス作業も捗るだろう!


あ、ちなみにPCの画面に映っているのが
最近インストールしたCUBASEという音楽編集ソフトである
各トラックが波形となって表れているのがわかるでしょう
今回からこれを駆使しているのであ~る!
これもミックス作業を捗らせてくれるはず


といった環境で製作を進めて参ります
引き続き音源をお楽しみにー!

0 件のコメント:

コメントを投稿