2019/07/29

『リヤカー引いて世界の果てまで』

ある日の有隣堂

買いたい本を持ちレジに並んでいると
数人前に『月刊ムー』を抱えた男性が...

やっぱり『ムー』を買う人は
見るからにモテなさそうだなぁ...

と、そんな失礼な思いを浮かべた私が手にしていたのは


吉田正仁 著
『リヤカー引いて世界の果てまで
 地球一周4万キロ、時速5キロのひとり旅』
(幻冬舎文庫)


という本だった(笑)

昼休みの"本屋眺め"で
たまたま目について"こりゃ面白そうだ"と思って買ってみた

4年半をかけて相棒のリヤカー(!)とともに
徒歩で世界1周分の4万キロを踏破した"ニート"の男が書いた旅の本
当然、実話のドキュメント本
アジア、ヨーロッパ、北米、オーストラリアなど
巡った国は33ヶ国にのぼる、とのこと

もう表紙の写真からして
まるで莫賀延磧(ばくがえんせき)を行く三蔵法師みたいだな


男として
生きる意味に思いを馳せて無謀にも思えるドデカイことに
挑戦したくなる気持ち、わかるわ~(笑)

著者は1981年鳥取生まれの方
オレと似たような年だから尚更(笑)


のんびり読ーもおっ

0 件のコメント:

コメントを投稿