2019/09/03

ねぷた旅 9 ~弘前ねぷた~





「弘前ねぷた」

この旅のきっかけでありクライマックス
ボクシングで言うところの「メインエベント」だ

「弘前ねぷた」も翌日の昼間で最終のため
夜の行進は今日が最後

おそらくやる方も見る方も熱気は最高潮であろう






夕闇のビルの間からのぞく岩木山


19時過ぎのスタートとのことで
ちょうど始まるところから見ることができた

駅前から5分ほど歩いたところの沿道にて立ち見だ
山車は出発地点から、弘前駅前に向かって歩いてくる




出た!巨大大太鼓!





大太鼓が先陣を切ったあとは
まずは小柄な山車から始まって
段々大物が登場して盛り上がってゆく


「弘前ねぷた」の掛け声は 「ヤーヤドー」

ヤーヤドー!
ヤーヤドー!


ここでも太鼓部隊は健在
そしてもちろん「弘前ねぷた」には「弘前ねぷた」のリズムがある
心地よいリズム

連れ立つお囃子のメロディは
涼しげでちょっともの悲しくて
ずっと聴いていたくなるような

いい音だな




山車は祭りが終わるまで2時間くらい
途切れることなく次から次へと登場する

山車は基本「扇形」をしていて
大きなものになると上に人が乗って
場を盛り上げている


通りのポイントポイントでは
山車回転のパフォーマンス

先導者の笛の合図に合わせて
山車上部から垂れた綱を引っぱる人たちが山車の回りを回り出すと
回転式になっている扇部分ごとくるくるする!

実に大迫力








これまたデカい!

電飾馬で駆け抜ける武者!



後半になるとたまにちょっと違う形のもあったり

これはロウソクの灯りみたいだ

何ごとかと思う明るさ(笑)





通りにあるイトーヨーカドーの前では
「ヤーヤドー」が「ヨーカドー」の掛け声になるというギャグもありつつ

そんでもって今夜の夕飯は
屋台のアメリカンドックとフランクフルトだ!







前の日に見た「青森ねぶた」ほどのド派手さはないかもしれないが
(それでも十分過ぎるほどド派手です)
より 商業的ではない"町のお祭り"感が近くに感じられて良かった

山車の画も生首だったり艶っぽい女性だったり
なまめかしくて見応えがあったなあ


たしか80台くらい参加してるって書いてあったかな?
本当にいつ終わるんだろう?ってくらい果てしない数の山車だった





果てしなく続くかに思えたお祭りも
最後の山車が駅前まで来てしまった

後ろ姿を見送って
私の夏も終わりです



(東横インさん、「ン」の電飾切れてますよ!笑)


駅前のロータリーも夜が深くなるにつれて
段々人もまばらになっていく



、、、

さて、どこで寝ようか(笑)




~つづく



0 件のコメント:

コメントを投稿