2019/09/04

奇談

いんへるのさ いった

それから

ぱらいそさ いくだ



諸星大二郎マニアはみんな大好きな1編
稗田礼二郎の"妖怪ハンター"シリーズの中の
『生命の木』を映画化した2005年の作品

『奇談』
小松隆志監督 藤澤恵麻・阿部寛主演


東北の隠れキリシタンをテーマに
こんなん諸星先生しか思いつかないだろ!
っていう奇想天外な物語が展開されます



いいねえ
"重太"役の人の完璧な重太っぷり

映画化されたのはもちろん知ってたけど
あえて進んで見ようとは思わなかった
が、いざ見てみたらけっこう良かったなあ

イメージ的には石坂浩二金田一あたりの時代の
映画の質感を目指して作ったのかな、なんて感じた
ちょっとオリジナルの要素も織り交ぜたあたりが特に
(神隠しの要素はよく考えるといまいち意味が、、、
 と思ったらどうやら"妖怪ハンター"シリーズの他の
 ネタから持ってきて合体させたっぽいな
 "通りゃんせ"の『天神さま』だな、これ)


決してA級映画ではないし
もしかしたら諸星ファンじゃないと
楽しめないかもしれないけれど
諸星ファンなら見ておいて損はない作品

再現度 高し

ラストわかってはいたけど
ゾワゾワッてした(笑)


伝奇ミステリーな感じなので そこまでホラーなストーリーではないけれど
こんな奇想天外なストーリーを思いつく諸星先生のその才能がホラーだよ(笑)
マジですごいぜ

詳しいストーリーは書かないけれど
興味がある人は原作にして名作の
諸星大二郎の『生命の木』を是非おすすめいたします



わしもつれていってくだせ!
わしもつれていってくだせ!

0 件のコメント:

コメントを投稿