2019/09/28

ey - 日比谷野外大音楽堂


たっぷりやったな~!(笑)
イースタンユースフルコース!
eyの歴史を満遍なく轟かせてくれました


2019.9.28(土)
イースタンユース
@日比谷野外大音楽堂
17:30 start


久々にお客さんが帰ろうとしないライブを見た(笑)
それほど熱気を帯びた 良いライブだったのだろう




セットリストというか、演奏曲メモ

(昨日の記憶を頼りにこんな曲をやっていたはず
 間違っていたりするかも&他にもあったかも笑)


1. ソンゲントジユウ
2. 夏の日の午後
3. 砂塵の彼方へ

(これ以降の曲順はもうわからん笑、ので羅列します
 「街の底」がラストだったのは覚えている)

故郷
いずこへ
裸足で行かざるを得ない
街はふるさと
たとえばぼくが死んだら
月影
道端
矯正視力〇・六
スローモーション
雨曝しなら濡れるがいいさ
青すぎる空
サンセットマン
踵鳴る
時計台の鐘
ナニクソ節
夜明けの歌
荒野に針路を取れ
街の底


アンコール1
歌は夜空に消えてゆく

アンコール2
DON QUIJOTE




たっぷりやって終わったのは20時頃
約2時間半のフルセット

ギターもギンギンだし
声もめっちゃ出てるし
大東京首都中枢でこんな爆音
野外で轟かせていいんだろうかというバンドサウンド


CDでは散々聴いていたけれど
もしかしたら生で聴くのは初めてかもしれない
「歌は夜空に消えてゆく」も良かった

そして2度目のアンコールのトドメは「DON QUIJOTE」!

「たとえばぼくが死んだら」や「道端」や「歌は夜空に消えてゆく」など
レアな曲が聴けたのも良かったなあ



17年ぶりの野音だそうで
田森さんはMCで「思い出は何もありません」と言っていたけれど(笑)
俺はその時も行ったので覚えています

その時とバンドの放出するエネルギーの尋常じゃ無さは
一切変わっていなかった
これは素晴らし過ぎることだ

SOLD OUT 満員の会場
席も真ん中よりちょっと後ろだったけど
周りも皆さん歌ってえらい盛り上がりだった



帰りに有楽町で飲んで食って帰る
お相手はもちろん、日本のマン様ことハウシンカ永田氏と元同僚さんと
(あ、永田ちゃん写真撮るの忘れた笑)



おお、フライヤーがHUSKER DU!
今日のライブもDVDになるようだ



曇りがちの予報だったけど
全然そんなことはなく
いい野音日和だったよ


~~~


10/1 追記

こっちのOTOTOYのページにセットリスト載ってた
https://ototoy.jp/feature/2019093001

「扉」だけ抜けてたか~!
あとは合ってたな(笑)
俺の記憶力もまだ捨てたもんじゃない


0 件のコメント:

コメントを投稿