2021/03/27

SANSUI SMC-300BT 真空管ステレオコンポ























バーン
























バーン!
























バーン!!
























バーン!!!






















BURRRRRN!!!




出た!

真空管アンプのステレオコンポ!!




SANSUI(サンスイ)
SMC-300BT
真空管ハイブリッド
Bluetooth機能搭載
CDステレオシステム


だ!!



どうしても
真空管の音を体感したくて
買ってしまいました
(父のFender Deluxe Reverbでギターアンプとしては真空管を体験したことあるけれどステレオコンポとしては人生初)

しかもネット最安のところで
送料込み21500円也

この価格な上、
非常に評判もよく、逸品であるというレビューが
私を買いに走らせたわけである

つい先日3/24に無事到着
























ちょっとオジサマ向けの
シックで落ち着いたデザインではあるが
決して野暮ったいデザインではなくグッド


音質の表現って主観的で難しいものがあるけれど
ナチュラルで豊かさのあるサウンドとでも言えばいいのか
クせがないサウンド

高音も低音も申し分ない
このサイズのコンポ(コンポとしてミニの部類だろう)としては
最高レベルのサウンドじゃないだろうか

ピアノとかオーケストラの生楽器も
やかましいパンクやハードロックも
エレクトロニックなシンセサウンドも
どれもイケるようで、満足な音響


お目当ては真空管アンプ部で
いずれは実家にある、デカい自作バックロードホーン型スピーカーにドッキングするつもりではあったのだが、
スピーカーも高評価ということで、実際鳴らしてみると、もうこれで十分でしょうっていうぐらいいい音を出してくれる

しかもスピーカーの部材には「和紙」を使っているらしい
どこの部分なんだろう?中心のコーンとかの辺だろうか


当然BluetoothやUSB端子も兼ね備え
古き良きものと最新の技術が融合した
まさに「温故知新」な逸品 である!(褒めすぎ?笑)


というか
これで21500円かよ、、
なんていう驚愕のお得さ、、
























SANSUIというメーカー
昔からあるメーカーってことでいいのかな?
オーディオマニアじゃないからわからんけど

ただ今回のこれは
SANSUIの純粋製ってよりも
ブランド名を借りて「ドウシシャ」というところが
製造しているようだ




























前面のパネルから中をのぞくと
真空管が鎮座しております

真空管が温まるのに
20秒ほどのカウントタイムがあるんだけれど
別にそんなに慌てて聴くこともないし
全然問題ない




今まで活躍していた
引っ越してから買った Pioneerのコンポくんには
ちょっと勇退していただいて、、

確かにパンチには欠けるけど
今風なサウンドにはきちんと対応してるし
箱の中でこじんまり鳴ってる感もなくて
ルックスも含め、これもこれで好きだったんだけどもね

























まあ、何が言いたいかというと
2万円ちょっとのステレオコンポで大満足の
割りと安上がりな男でござんす
ということ(笑)

さ、これでまた新しいリスニング・ライフが始まるぞ


0 件のコメント:

コメントを投稿