2021/04/26

JOURNEYの旅は続く























いやあ、だいぶ揃えてしまった(笑)

持ってなかったジャーニーのCDたちをゴソッと入手
もう少しで全部揃うけどあとはのんびり集めよう

コレクション衝動に駆られたのは
『ARRIVAL』のスティーブ・オウジェリーの良さに改めて気付いたのも一因で
お、これならアーネル・ピネダの現体制のもちゃんと聴きたくなったぞ、というわけで
そしてついでに『ESCAPE』大ブレイク前の70年代のスティーブ・ペリー3枚も購入

やっぱりジャーニーサウンドの核は
首謀者であるギターのニール・ショーン(とキーボードのジョナサン・ケイン)なんだな
そこにスティーブ・ペリーの声が乗ると完璧!ってなってたんだ
今さらながら改めてそう思ったな

彼らが曲を作り彼らが演奏すればジャーニーの世界になる ってことだ



スティーブ・ペリーの喉が偉大過ぎたせいで(笑)
後継者はきっと大変であろうジャーニーというバンドに今ボーカルとしているのは
ニール・ショーンがYouTubeで発見したフィリピン人のボーカリスト=アーネル・ピネダ
入ってからのライブ映像を見ると飛んだり動き回ったりで元気いっぱいだけど加入した時点で40歳くらい

このことからもこのバンドにアジア人差別がないことがわかるし
少なくとも人種は気にしないナイスな人の集まりなはずだ
(ジャーニーとしての興行を続けたいという大人の事情ももちろんあるかもしれないけどね笑)



ジャーニーが旅を続けることを選択してくれたおかげで
これらの新しい曲たちが生まれたわけで
スティーブ・ペリーが戻るのを待っていたら旅はストップしていただろう
その点でもオウジェリーとピネダの功績にファンは感謝しかないはず
しかも予想を上回るような、実に良い仕事をしてくれているし


コロナのリモートで捗ってはいなさそうだけど
新作(アーネル・ピネダと?)を作ってるっぽいから楽しみだ

旅を続けるジャーニーに感謝


2021/04/22

雷鳥の里






























最高に美味なお菓子

雷鳥の里


"欧風焼菓子"と銘打たれた
歯ごたえサックリ絶妙な加減の甘さが口に広がる銘菓
上品ぶらずにそれでいてそこはかとなく品がある

信州でお土産を買ったことがある人には
わりと有名だろうか?


















そして当然
中に一緒に入っているこちらも(笑)
(あえてステッカーじゃないところが利用方法的にナゾ笑)


我が家は八ヶ岳や蓼科好きなので
もうお馴染みのお菓子なのであるが

と言っても今回のは
実家(横浜)の近所のスーパーに並んでいたそうで
もしかしたら、コロナ禍で観光客も減ってしまい
お土産屋さんやそれを作っている製造側も厳しくなって
苦肉の策での流通販路の拡大なのかもしれない、と思うと
ちょっと素直に喜べないところもある


でも、いつ食べてもおいしい(笑)





















2021/04/20

JOURNEY ARRIVAL poster

いつもこのブログを見てくれている皆さん!
ありがとうでござんす

桜の花も散りぬるを、、な感じで
最近アップしたくなるようなネタがなくてね~(笑)
って一丁前のブロガーみたいな発言も飛び出しますが
(というかブロガーってそろそろ死語になるんじゃない?笑)

かと言って
ぼけーっと暮らしているわけじゃなく
いつも通り週2回スタジオに入って
GOUPIL AND Cの新曲たちの詰めを着々と進めているので
期待してくれている方はご安心を
































ポスターを私の好きなジャーニーにしました
『ARRIVAL』のジャケットを自作ポスターで

スティーブ・ペリーが抜けた後、スティーブ・オウジェリーが加入し発表された2000年のアルバム『ARRIVAL』
このアルバムは聴けば聴くほどいいねえ はじめはちょっと地味な佳作かなぐらいに思ってたけどとても良い
しかも今まで持っていたのは国内盤で、別バージョンのジャケット(このポスターのデザインのジャケット)に惹かれて輸入盤も購入したら、驚いたことに収録曲が違うじゃないの!しかも1曲だけじゃなく2曲も聴いたことない曲が入っててビックリ しかもロッキンでナイスな曲
(国内盤は国内盤で輸入盤に入ってない曲が入ってる)

そんなこんなで現在ジャーニー熱が高まっておりまして
今まで手を出していなかった最近のアルバムたちを購入し
さらには『ESCAPE』より前の70年代のアルバムもそのうち購入し
けっこうコンプリート気味に持って行けそうだ!といったところでございます

JOURNEYのあの爽快な素晴らしさが理解できない人はもったいないぜ!(笑)


以上(笑)

2021/04/03

グーピル・ノート






























GOUPIL AND C
今取り掛かっている曲の構成メモスケッチ

"サムラゴーチ式"作曲法とは言いたくないが
ほとんど佐村河内守のそれだな(笑)

佐村河内が実は本物だったのか
GOUPILが実はインチキだったのか(笑)


でも 演奏テクニックがどれだけあっても
一番大事なパッションがないと名曲は作れないだろうから
(佐村河内の"売れて有名になってやろう"って気持ちだって強力なパッションの1つだろうし)
あの二人は案外いいコンビだったんだと思うけどな

曲がりなりにも 多くの人に名曲と思わせられる曲を書いたんだから

まあ 芸術なんてある意味 インチキと紙一重なところもあるからな
そこを知らなかったウブなクラシック・リスナーが憤慨したってことだろう



(そういや タイトル書いててあらためて思ったけど
 「文具のノート」と「音符のノート」ってどちらも同じ「note」なんだな)

2021/04/02

葉桜























桜が素晴らしいのは
花が散っておしまいじゃなく
そこがスタートだってとこ

さあ新緑よ 出てこい