2021/06/05

レコーディング新兵器

今日は本来のZUGAらしく
きちんと工作をします!(笑)



ダイソーで




















これと





















これを買ってきて





















これをこうして、、、





















これはこうして、、、






















こっちには両面テープをべたべた貼って、、、

































出来た!!








、、、何だよ、これ(笑)








、、、え~、オホン、、

解説させていただきますと、、、
こちらはレコーディングの新兵器であられます
「ボーカルだけしか録りたくないよ~防音ボウル」です!!
通称 "防音ヘルメット" といったところ


あれ? なんか既視感ある?(笑)

なんか数年前に作ってこのブログでも紹介して、
"ほら貝"こと「部屋で大声を出したい時用メガホン」に似てますねえ




まあ、いいや

使い方はこちらの写真を見てもらった方が早い

先日のスタジオにて




































よくわからないですね(笑)

そりゃそうだ
作った私しかわからないであろう

話せば長くなるので掻いつまんで言うと、、、


これから録音しようとしている作品の1つを
演奏とともに歌も同時に録りたい!と思い立ちまして

スタジオの天井のスピーカーから歌声を普段通りに出すのはいいとして
TASCAMのICレコーダー1台で録る演奏に、ボーカルまで録ってしまうと
あとでミックスの時に音量バランスが何もいじれなくなってしまう、、

何かいい方法はないものか、、、?


ということでたどり着いたのが今回の方法

天井のスピーカーの片方だけから歌声を流して
それの目の前にこの新兵器のヘルメットを設置
その中に2台目のレコーダーを鎮座させる

すると、、、まあ、あら不思議!

ボウルの防音マットでうまく演奏の音が遮られ(少~しは入っちゃうけど)
ほぼボーカルだけが録音できるわけです

あとは部屋の良い位置に置いた1台目のレコーダーで録った演奏の録音と
このボーカル素材をバランスよくミックスすれば

ヤッター!!テーテッテレー!!(ねるねるねるね)

となり思わず笑みがこぼれる予定























そう、中身はこんな感じで
カッターで切れ込みを入れたボウルの底から
レコーダーが「こんにちは」しているのです
























ニョキッ!








スタジオで1回試した後
結果に手応えありだったので

さらに改良して
ボウルをキリでくり抜いて
防音マットをヒモでギュッと固定して耐久性をアップさせて
















完成!



うまく録音に活かせるといいな


久しぶりのD.I.Y.レポート
以上です



これでアカデミー賞 録音技術部門獲れるかな?(笑)


0 件のコメント:

コメントを投稿