2021/08/24

諸星大二郎展 異界への扉@三鷹市美術ギャラリー



異界への扉をくぐってきた
































『デビュー50周年記念 諸星大二郎展 異界への扉』

2021年8月7日(土)~10月10日(日) 
会場:三鷹市美術ギャラリー

全国を巡っている諸星大二郎の原画展
いよいよ東京にやって来たので観覧へ



いやあ、やっぱ凄いよ

その"時に不安定な描線"から
「この絵は"上手い絵"と言っていいんだろうか?」という感想を
諸星ファンなら一度は通ると思うんだけど、やっぱすげえうめえ
(今さら俺ごときに褒められたくないだろうけど笑)

本気出した時めちゃくちゃうまいなあ
流石だ
彩色も本当に素晴らしい
あの絵を(悪い意味で)洗練された線で描かれたら、もう諸星漫画ではないだろう
あの絵だからこそ諸星漫画は素晴らしいのだな

効果音の文字の入れ方とか、あらためてハッとさせられるものがいくつもあった
(『マッドメン』の「キィリリ~」とか凄まじいセンス!)


名シーンの原画勢揃いで2時間以上見入ってしまった
平日昼間でコロナのせいもあるのだろうか
人もまばらで静かな館内
ゆったりたっぷりの~んびり見ることが出来た

原画だとサイズ大きいから迫力も見応えも抜群
人って(仕事になれば)一人であんなにたくさん絵が描けるもんなんだな(笑)
いやあ満腹


原画以外にも
絵巻物とかニューギニアのお面だとか
諸星先生の創作にインスピレーションを与えてきた類の美術品も展示されていてよかった
ダリの絵(のパネル)が飾ってあって、また気になってしまったダリ

























図録はすでに以前購入済みだったので、デカ缶バッチを購入
缶バッチは銀色の包装紙に包まれていて何が入ってるかわからない
中身見えた方がいっぱい買うのにな~、、(笑)

とりあえず悟空が当たったから良しとしよう(笑)
























(物販の売り子のおばちゃんたちの前で一人でこれに顔を出す勇気はなく、、笑)



この濃厚な原画展が入場料600円だなんて破格!
後半はまた展示物の入れ替えがあったりするようで
ちょっとまた行ってみたいな(笑)

あと三鷹は遠い(笑)


という充実した休日

0 件のコメント:

コメントを投稿